2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook
Championship Reports
競技報告
【「今日もラッキーでした」というウィラチャンの第1ラウンドのプレー】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
2週連続優勝がかかるタワン ウィラチャンの幸運は、まだ続いているようだ。1番ホールから、それを物語るシーンが展開された。第2打をグリーンオーバーさせた後のアプローチショットがチップインとなってのバーディ発進。2番ホールからも、「何度もミスショットがありながら、ラッキーが重なってバーディをたくさんとれた」という。
ただし、パー5の4ホールのうち3ホールでバーディを奪ったのは、ただの幸運ではない。決めるべきホールは、しっかりとファインショットとパッティングをつなげて貯金を増やしていった。

「このコースは、フェアウェイが狭くて、ラフも深い。あまり好きなコースではないけど、ティーショットが良け
れば、スコアメイクできる。練習ラウンドでは、そう感じていた。でも、第1ラウンドは左右のラフにかなり打ち込んでしまった。それなのに、このスコアであがれたことが、自分にとっては、ちょっと驚きで、ラッキーだな…という気分にさせられたんです。目標は、もちろん、先週に続いての優勝です。グリーンがソフトでスパイクマークが多く残っていて、ちょっと気になったけど、ミスヒットしたボールが、そのマークでうまく方向を変えられてカップインしたこともあった。幸運な結果になることの方が多かったのだから、やっぱりラッキーな1日だったということだよ。最終ラウンドまで続いたら、そりゃあ、最高だね」。
さて、どこまで続くのか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約