2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook
Championship Reports
競技報告
【3打差2位のウィラチャン「今日は、パッティングに助けられました」】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
3バーディ・2ボギー。2週連続優勝を狙うウィラチャンは、手堅いゴルフで第2ラウンドもアンダーパーにスコアをまとめた。厳しいホールロケーションで、アイアンショットの精度が求められたが、実は今日のウィラチャンは、そのアイアンショットの調子が良くなかったという。
「だから、そんなに多くのチャンスは作れなかったし、チャンスよりもピンチの方が多かった。全体的には、まとまりの悪いラウンドという印象が強かった」。

その中で少ないチャンスを確実にバーディとし、チャンスよりも多かったというピンチを最小限の2ボギーで抑えられたのは、なによりもパッティングの調子が良かったから。10番からスタートして11番(
パー5)、13番(パー3)でバーディが先行した。いずれも微妙なライン、難しい傾斜のホールに、読み通りにストロークできたことで、パッティングには自信が持てたという。

後半は、1番から8番までパーでしのげた。最終9番ホールはボギーにしたものの、最小限のスコアロスで済んだことを「はい、今日も、いろいろラッキーがありました」とプラス思考でとらえる。ウィラチャンの本当の強さは、こんなところにあるのではないだろうか。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約