2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook
Championship Reports
競技報告
【通算-8で谷口徹が首位を堅守】
第2日 競技報告:JGA    写真:Yoshitaka Watanabe
2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権は20日、埼玉県日高市の日高カントリークラブ東・西コースで第2ラウンドを行った。

汗ばむ陽気の中で行われたこの日のラウンド。首位でスタートした谷口徹は、2度の連続バーディを含む5バーディ・3ボギーの70でホールアウト。通算8アンダーパーで単独首位を堅守した。
3打差の2位に浮上したのは、先週のシニアツアー優勝で波に乗るタワン ウィラチャン(タイ)。通算4アンダーパーの3位タイには、地元出身の清水洋一と、38位タイからスタートし、この日ベストスコアの66をマークした田村尚之が38位タイから急浮上した。
通算2アンダーパーの5位タイに
は本選手権3度目の戴冠を狙う倉本昌弘らがつけている。ディフェンディングチャンピオンのプラヤド・マークセンは、通算4オーバーパーの39位タイと苦戦が続いている。

なお、この日カットが行われ、通算7オーバーパーの58位タイ、66人が明日からの後半のラウンド進出を決めた。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約