2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook
Championship Reports
競技報告
【異次元のゴルフで3位タイに浮上の田村尚之】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Yoshitaka Watanabe
7バーディ・1ボギー。66。もちろんこの日のベストスコアを出した田村尚之のゴルフは、まさに異次元だった。どの選手もシビアなホールロケーションに悩まされ、深いラフに手こずり、ティーショットの落下地点では、狭いフェアウェイに困惑するなか、まるで秋のそよ風のように飄々とバーディを積み重ねていった。
「こんなプレーもできるんですねぇ」と、ホールアウトしてクラブハウスに戻ってくるなりの第1声。そして「今日は、ハナマルです!」と自賛した。

小気味の良いゴルフだった。5番(パー5)で3メートル。6番も3メートル。7番ボギーのあと8番でも3メートル。さらに折り返して、11番(パー5)では2オンして10
メートルを2パットのバーディ。12番、4メートル。16番、3メートル。17番も3メートル。いわゆる1ピンの距離をことごとく沈めての66だった。

一気に、3位タイ。首位の谷口とは、4打差で後半のラウンドへと突入する。
「先週のコマツシニアの最終日から、パッティングの感触がよくなってきたんですよ。うまく振り子式で打てるようになってきて、調子いいんです。ショットは、梅雨明けからですね。不思議に持病の背中、脇腹が梅雨明けになると治って来るんです」と言った。田村は、試合の遠征先でも体のケアを怠ることはない。だから宿は、駅の近く。そこから電車に乗って治療にいく。「僕が通っている治療院は、全国展開していて、そこを探しながら毎日通います。電車で1時間は通勤圏内です(笑)。ええ、新幹線に乗ってもいきますよ。行き帰りの電車は座れるのが条件ですね。ですから、帰りは座って、駅弁を買って食べるんです」なんとも、まさか駅弁プロゴルファーがいたとは……。

第1ラウンドの遅れは、睡眠不足からだという。「(スタート時間が早いので)夜10時に寝たんです。でもなぜか2時に目が覚めて眠れなくなりました。でも、今日のゴルフは、ほんといえば、パッティングにしても、ビビリながらなんですよ。ただ僕にとって幸運なのは、この日高の研修生がキャディをやってくれて、ラインの読みは、全部、彼まかせでした。それが良かったんですね」と謙遜する。

6月に下見を兼ねた練習ラウンドにやってきて「あ、いいコースだ。ここは好き、と思いました。だって、グリーンがまんじゅう型、小さい。グリーンも硬め。左右のラフでフェアウェイが狭い。グリーンは高い球で止める……僕が、もし勝てるとしたら、こういうタイプのコースだろうなぁ、と思っていました」という田村。そうはいってもこの試合で6週連続の連戦。体のケアもしっかりとしなければいけない。
「残り2日間ありますから。まだまだです。でも、パッティングもいい感じなので、やれることは全部やりきります」と言った。そして、飯能駅発、17時57分の電車に乗って、池袋にある治療院へ、足早に向かった。今夜の駅弁は、きっと美味しいだろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約