2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook
Championship Reports
競技報告
【伊藤正己が第3ラウンドのベストスコア67をマークして4位タイに急浮上】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
第3ラウンドに驚異的なフェアウェイキープ率を記録したのが伊藤正己だった。なにしろ、フェアウェイを外したのは、1番の1ホールだけ。「コース攻略の最大のキーになるのは、いかにフェアウェイをとらえるかだ」と各選手が口をそろえる。「それができれば、難しいホールロケーションであっても、なんとかスコアを作れる」ともいう。

伊藤は、第3ラウンドに、そのゴルフを展開した。1番1.5メートル、2番2.5メートルを決めて連続バーディでスタートすると、5番、8番でも、それぞれ2メートル前後につけて前半で4バーディを奪った。ボギーになるようなピンチもなく、スコアを着実に伸ばした。
10番でも2メートルのチャン
スを迎えた。ここで、伊藤の頭に浮かんだのは、シニアの第2戦だったノジマチャンピオンカップ箱根シニアの第1ラウンドのことだった。この試合、63歳の伊藤は11バーディ・1ボギーと大爆発し、62というシニアツアーの最少スコアでエージシュートを達成している(最終的には6位タイ)。「これが決まったら、またエージシュートかな…なんて考えてしまったんですよね。箱根のときも、前半は32で、ちょうど同じ流れだったもので…。ダメですね。はずれてしまいました。僕みたいな三流プロが、だいそれたことを考えちゃいけなかったですね」などと言いながら、好プレーは、まだ続いた。11番(パー5)は2オン2パットの危なげないバーディだったし、難しい15番(パー4)もフェアウェイからの第2打を3.5メートルにつけた。これを決めて、この日は6アンダーパーのペースだったが、17番で1.55メートルのパーパットをはずして悔やんだ。

「あのポロリとはずしたのが、ほんの数年前の僕なんです」
実はシニア入り後、伊藤は4年ほどパッティングのイップスに苦しんだ。「本当に5~60センチのパットがホールにさわりもしない状態になってしまって」。いろいろ試しても、症状は改善されなかった。そのことがあるから自身を「三流プロ」と自虐的に称したのだった。「あれこれやってもダメなんだから、もう、どうにでもなれっていう気持ちになって、はずれることを考えずに打ち始めた」ら、不思議なことにイップスから、ほとんど解放されていたそうだ。そうなってみると、ゴルフに対する考え方にも変化があったという。
「ゴルフができる幸せ、プレーできる喜び。本当にゴルフというゲームがあってくれてありがたい。感謝、感謝ですよ。日本シニアオープンなんて大会に出られるだけで幸せだし、ギャラリーに見てもらえてうれしいし、全国中継のテレビにも映してもらえる。夢見たいです」。

第3ラウンドが終わってみれば4位タイ。最終ラウンドはさらに注目度が高くなるだろう。そこで、どんなプレーを展開しようというのか。「優勝争いなんて、おこがましいです。コース内にある速報板から、自分の名前が消えないでくれと願いながらプレーさせていただきます」。第3ラウンドのドライバーショットの精度が保たれれば、名前が消えることなど考えられない。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約