2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook
Championship Reports
競技報告
【地元出身の清水洋一が見せた粘りのゴルフ】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
バウンスバックといえば、全英女子オープンで日本女子選手として42年ぶりに優勝を遂げた渋野日向子が、有名にした言葉だ。ボギーを叩いた直後のホールでバーディを奪い、スコアを取り戻すことをいう。本選手権では、地元の日高高校出身で第1ラウンドから好位にいる清水洋一が、第3らウンドにこのバウンスバックで粘りのゴルフを展開した。

2番(パー3)の3パットからのボギーに続いて3番ホールもボギーにした後の4番(パー5)でフェアウェイから打った第2打をグリーン右花道に運び、1メートルに寄せて最初のバーディを奪った。距離の長い7番(パー4)では、アプローチショットを寄せきれずに、またもやボギーとしたが、続く
8番(パー5)をバーディにしてバウンスバックした。第2打では5番アイアンを手にして「ピンまで60ヤードを残す」というレイアップ作戦をとった。「しっかりスピンをかけていかないと、ピン近くで止めることができないという状況でしたので、しっかり計算ができていました」。

11番のバーディ直後の12番ではボギー。バウンスバックの逆パターンとなったが、最終18番ホールでは「ティーショットをうまくフェアウェイに置けたので、バーディ締めを狙いました」。ピンまで107ヤード。ロフト50度のウェッジでピンの根元50センチにつけた。このバーディで、第3ラウンドのスコアもイーブンパーに戻した。これも広い意味でのバウンスバックといっていいだろう。

苦しいラウンドではあった。「ショットも距離を合わせられないホールがたくさんありましたが、それよりもパッティングでショートしがちというか、カップに届かないことばかりで…。キャディにも“もっと打ってください”と言われたんですけど、気持ちはそうしたくても手がいうことをきいてくれなくて、イーブンパーが精一杯というゴルフになってしまいました。打ちたくても、打てない。打ったら、すぐにカップを通り過ぎて2メートルぐらいオーバーしていきそうに見えてしまうんですよ。ええ、このコースでは、これまで何度も痛い目に合っているので、頭なのか心なのかが怖がってしまうんですよね。これを振り払うことなんて、僕にはできそうもありません。いや、できません。だから、最終ラウンドも、そんなことと付き合いながら、我慢のゴルフをしなければならないと思っています」。そんな中でも、戦略だけは、しっかりと考えていた。「我慢ではなく、狙っていけそうなホールもある。前半の1、8、9番と後半の10、11番の5ホールです。ここでいかにチャンスを作り、スコアを稼ぐか。そして、あとは、ひたすら我慢です。ま、計算どおりにいけるわけではありませんが、最終ラウンドにこれがどれだけできるかでしょうね」

それが「今の自分にできる精一杯のゴルフ」と清水は、自身を冷静に分析している。自分のゴルフ。いうのは簡単だが、実践するとなると難しいのも“自分のゴルフ”である。清水の最終ラウンドがどうなるのか。注目していきたい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約