2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook
Championship Reports
競技報告
【谷口徹が通算-8で首位をキープも優勝争いは混戦模様に】
第3日 競技報告:JGA    写真:Yoshitaka Watanabe
2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権は21日、埼玉県日高市の日高カントリークラブ東・西コースで第3ラウンドを行った。
曇天の中でスタートしたこの日、ムービングデーと呼ばれるラウンドだったが、上位陣はスコアが伸び悩む重苦しい雰囲気に包まれた。

通算8アンダーパーの単独首位でティーオフした谷口徹は、前半3バーディを奪い独走体制を築くかと思われた。しかし、13、14番で連続ボギーを叩くと、16番(パー3)でもスコアを落とし、この日はイーブンパーでホールアウト。それでも、通算8アンダーパーで首位を守った。
2打差の2位にはタワン ウィラチャン(タイ)、さらに2打差の3位に地
元でナショナルオープン優勝を飾りたい清水洋一がつけている。通算3アンダーパーの4位タイには、ベストスコアの67を叩き出した伊藤正己、グレゴリー マイヤーが続いている。

首位と6打差に7人がひしめく混戦模様となった本選手権。日本一のシニアゴルファーを決する明日の最終ラウンドは、熾烈なものになりそうだ。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約