2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook
Championship Reports
競技報告
【通算-8で谷口徹が初優勝を果たす】
第4日 競技報告:JGA    写真:Yoshitaka Watanabe
優勝 谷口徹
ローアマチュア
水上晃男と金子光規
2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権は22日、埼玉県日高市の日高カントリークラブ東・西コースで最終ラウンドを行った。
秋晴れの中で行われたこの日のラウンドだったが、昨日に続いて単独首位スタートの谷口徹と2打差で追うタワン ウィラチャンの最終組には、重苦しい空気が流れていた。谷口が前半2バーディ・2ボギーのパープレーと足踏みする中、ウィラチャンは9番でバーディを奪い、1打差に詰め寄る。しかし、谷口が13番(パー3)のバーディでリードを広げると、ウィラチャンが14番でボギーを叩き後退。最終ホール、ウィラチャンが意地のバーディを奪い、谷口に追いすがるが、冷静にボギーパットを沈めた谷口に軍配が上がった。谷口は、この日パープレーにスコアをまとめ、通算8アンダーパーで初優勝。史上4人目の完全優勝とともに、青木功、中嶋常幸に続き3人目の日本オープンと日本シニアオープンのダブルタイトル獲得で初優勝に華を添えた。

ウィラチャンは1打及ばず2位、通算3アンダーパーの3位にはバリー・レーンが入賞。大会4連覇を狙ったプラヤド・マークセンは通算4オーバーパーの18位タイに終わった。

なお、通算18オーバーパーの55位タイで水上晃男と金子光規の2人がローアマチュアの座を分け合った。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約