2020年度(第85回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Championship Reports
競技報告
【1打差2位タイの桂川有人は、2018年大会から成長した自分を見せられるか】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y. Watanabe
第1ラウンド。終わって見れば、なんとアマチュア選手が、ベスト10内(16人)に5名いる。その中で、2位タイになったのが桂川有人だ。
桂川は、10番からスタートだった。11番でバーディ。12番でボギーのあと、16、17、18番と3連続バーディの3アンダーパーで折り返した。さらに後半に入って、2番バーディで、その時点ではいきなり首位に躍り出た。その後、4番でボギー。5番でバーディのあと9番でボギーとして67、3アンダーパーでホールアウトした。首位の今平周吾と1打差。2位タイグループで第1ラウンドを終えた。

桂川は、日本大学ゴルフ部4年生。寮で同部屋の木村太一、清水大成と大の仲良しの日大トリ
オと呼ばれている。高校時代にフィリピンへゴルフ留学して、その後日大に入学した選手だ。「自分のプレーは、アイアンで(ピンを狙って)攻めていくスタイルなので、そのためにティーショットが(次打の)アイアンが攻めやすいところに行ったら自分のペースになると思います。今日は、ティーショットがまずまずでしたから。最近、あまりドライバーの調子が良くなかったんですけど。今日も、どうなるかなという感じでスタートしたらうまく回れたのでホッとしています」と静かに話した。

桂川は、どちらかと言えば口下手だ。でも、言葉をしっかりと選んで語るタイプだろう。フィリピンへゴルフ留学し、そのままプロ入りかなと思えたが日本大学に進学した。「日本大学は、いろんな先輩も多くて、社会勉強もそうですけど、行ってよかったと思います。またJGAナショナルチームに入ることができたことも、自分としては、いろいろ学べるいい機会だと思っています」とこの4年間を語った。

3連続バーディは「16番は、ドライバーで2打目がピッチングウェッジ。130ヤード前後から4メートルを入れてのバーディ。17番は、5メートル。18番は、2打でグリーン左奥のエッジ。そこから2パットのバーディでした。これで貯金ができた感じですね。なんか、流れが悪くなると凄い崩れてしまいそうな思いがあるので、明日からも1打1打、いままでのプレーができたらいいなと思います」と言った。

思えば、2018年、横浜カントリーでの日本オープン。第2ラウンドに通算8アンダーパーで単独首位に立ちながら、第3ラウンドに78を叩いて崩れてしまった経験がある。「あれ以来、平常心と言いますか、冷静にプレーするということに気をつけてやっています」と言った。その成長度合いが、今回、どういうふうに見せてくれるか楽しみである。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約