日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
大会ハイライト
大会の歴史
歴代優勝者
過去の大会
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Championship Highlight
大会ハイライト
2019年度(第84回) 日本オープンゴルフ選手権競技
2019年10月17日〜10月20日 古賀ゴルフ・クラブ 参加者数:120名 アマチュア:12名
1st Round
ブレンダン・ジョーンズが3アンダーパーで単独首位スタート
ブレンダン・ジョーンズ 星野陸也
ブレンダン・ジョーンズ 星野 陸也

2019年度(第84回)日本オープンゴルフ選手権は、1997年(第62回)大会(優勝:クレイグ・パリー)、2008年(第73回)大会(優勝:片山晋呉)以来、3度目の本選手権開催となる福岡県古賀市の古賀ゴルフ・クラブが舞台。気温19度と肌寒さを感じる中で開幕した第1ラウンドで首位に立ったのは、ブレンダン・ジョーンズ。第73回大会でも優勝争いに加わったジョーンズは、11年ぶりの古賀ゴルフ・クラブで2度の連続バーディを含む6バーディ・3ボギーの68でホールアウト。2位につけた星野陸也に1打差、藤本佳則、比嘉一貴、岩田寛、本選手権3勝目を狙う池田勇太の3位タイグループに2打差でリベンジに向けて好スタートを切った。大会連覇の期待がかかる稲森佑貴は、12番でトリプルボギーを喫し、3オーバーパー。世界アマチュアゴルフランキング1位の金谷拓実らとともに、38位タイと苦しいスタート。日本プロゴルフ選手権を制した石川遼、本選手権5度目の出場のアダム・スコットは、5オーバーパーで第1ラウンドを終え、首位と8打差の72位タイと大きく出遅れた。

2nd Round
2度の競技中断でサスペンデッド。再開後、塩見好輝が通算-4で単独首位に
今平 周吾 比嘉 一貴
今平 周吾 比嘉 一貴
第2ラウンドは、前夜の雨が影響し、コースコンディション不良のため2度、合計2時間56分の競技中断もあり、日没サスペンデッド。前年の賞金ランキング1位の今平周吾が通算イーブンパーで暫定首位に立った。しかし、翌日に再開された第2ラウンドで3打差7位タイからスタートした塩見好輝が前半を4バーディ・1ボギーで3つスコアを伸ばすと後半も1バーディを奪い、67をマーク。通算4アンダーパーで単独首位に躍り出た。3打差で追うのは姜庚男。今平は、この年プロ初優勝をあげた比嘉一貴とともに、更に1打差の3位タイにつけた。5度目の出場で初優勝の期待がかかるアダム・スコットは、通算3オーバーパーの16位タイから上位進出をうかがう。稲森は、通算7オーバーパーの41位タイ、石川遼は通算8オーバーパーの53位タイで第2ラウンドを終えた。なお、この日カットが行われ、通算8オーバーパー53位タイ、63人が第3ラウンド進出を決めた。
3rd Round
塩見が通算-3で初優勝に大きく前進
塩見 好輝 堀川 未来夢
塩見 好輝 堀川 未来夢
第2ラウンド終了後に続いて、13時10分にスタートした第3ラウンドは、17時34分に日没のため再びサスペンデッド。10番ホールまでプレーを終えていた塩見は1バーディ・1ボギーのパープレーで競技中断。翌日の競技再開後のプレーは、1バーディ・2ボギーでしのぎ、1つスコアを落としたものの首位を堅守。スコット・ビンセントと比嘉、堀川未来夢に4打差をつけて初優勝をかけた最終ラウンドに臨む。今平は第3ラウンドで2バーディ・2ボギー・1ダブルボギーと2打スコアを落とし、通算2オーバーパー。首位と5打差の5位タイから逆転を狙う。
4th Round
チャン・キムが大会最大逆転劇を演じ通算1オーバーパーで涙の初優勝
優勝者とローアマチュア
優勝のチャン・キムと
ローアマの桂川有人、J・トンプソン、石坂友宏
通算3アンダーパーで初優勝に前進した塩見。最終ラウンドも緊張の中で前半を2バーディ・2ボギーで凌ぐと、後半はティーショットが左右にぶれてピンチの連続。しかし、これを神がかり的なショートゲームでしのぎ、13番(パー3)のバーディで初優勝に王手をかけたかと思われた。しかし、14番でダブルボギーを叩くと、15番でトリプルボギー、17番でも再びトリプルボギーを喫し優勝争いから脱落。変わって、4打差2位タイからスタートした堀川が16番を終えて通算イーブンパーと単独首位に立った。その堀川に忍び寄ったのが、通算5オーバーパーの17位タイから最終ラウンドをスタートしたチャン・キム。キムは、前半で4バーディ・1ボギーと3つスコアを伸ばし優勝争いの一角に加わると、最終18番でこの日8つ目のバーディを決めて、この日67のベストスコアをマークして通算1オーバーパーで後続組を待つ。逃げ切るかと思われた首位の堀川が17番に続き18番もボギーを喫し、万事休す。10番ホールでプレーオフに備えて練習していたキムが大会記録となる8打差を逆転し、涙の本選手権初優勝を果たした。
なお、ローアマチュアは通算9オーバーパーの23位タイでJ・トンプソン、石坂友宏、桂川有人の3人が分け合った。

 

 
2019年度 (第84回) 日本オープンゴルフ選手権競技 成績はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約