2020年度(第85回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Championship Reports
競技報告
【パッティングが好調なベテラン谷口徹は1打差2位タイに相好を崩す】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y. Watanabe
4バーディ・1ボギーの67。3アンダーパーでホールアウトした谷口徹のインタビューは、終始、軽やかな喋りだった。それもそのはず。18番で10メートルのバーディパットを沈める締めくくりだったからだ。今季、コロナ禍でレギュラーツアーには1試合。そしてシニアツアーが4試合。久しぶりにレギュラーツアー、それもナショナルオープンで戦う。「いろいろ取り組んでいて、シニアに行っていたけれど、パッティングがパッとせずに、調子が悪いのかなと思っちゃうんだよね。なぜならスピード感がシニアは違うのでね。今週は、グリーンが速いので、自分なりにイメージ良くすれば入るかな、と思っていました」とパッティングの感覚の良さをアピ
ールしていた。

前半は、8、9番と連続バーディ。あとはパープレー。
「前半は、フェアウェイから打てているのに、朝露が残っていたのか、フライヤーしているような感じで飛びすぎてしまっていた。後半は逆にフライヤーを気にし過ぎていた」という。それでもパッティングにひとつのヒントがあった。「7番で上りのパットを外して、そうか、少しワイドスタンスにしようかなと思って、9番で実践して綺麗に入ってくれました。安定感があったほうがストロークしやすいのかなぁ」と解説してくれた。

第1ラウンドで3アンダーパーについて、谷口は「いや、正直いってこんなスコアが出るとは思っていなかったんですよね。距離も長いし、練習ラウンドのときは、よく曲げていたので、でも今日はフェアウェイを捉えられましたね。いやね。練習ラウンドで高校生と一緒にラウンドしたんですよ。すごいですね、いまの高校生ゴルファーは……。最初、緊張しているのかな、と思ったけど、ティーショット打ったらバーンと打っていったから、驚きですよ。むしろ、その飛距離にこっちが緊張しちゃったかなと思うくらい(笑)」と言った。この日も同組には23歳の今野大喜。25歳の佐藤太地。「締めくくりのバーディで、おじさんもなかなかやるだろって(笑)見せられたかな」と饒舌に語った。

もうひとつ谷口の変化がある。それは「7月からフェードを取り入れた」ことである。ドロー、ストレートの球筋だけでなく、フェードボールも武器にしようとチャレンジしたことだった。それを今回実戦で使ってみたという。「うまくいきました。左からフェードでフェアウェイをキープしたいと思ってね。ストレートがいちばん難しいんだから、球筋を利用しないとね。1回も左にそのまま抜けていく球筋はなかったです」と52歳の谷口は、まだまだ貪欲な探究心を持ち合わせている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約