2020年度(第85回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Championship Reports
競技報告
【今平周吾が-4で単独首位スタート】
第1日 競技報告:JGA    写真:Y. Watanabe
今平周吾
谷口 徹
@桂川有人
「2020年度(第85回)日本オープンゴルフ選手権」は15日、千葉県野田市の紫カントリークラブすみれコースで第1ラウンドを行った。曇天の中で開幕した本選手権。単独首位に立ったのは2年連続賞金王を獲得した今平周吾。10番ホールからティーオフした今平は、前半で3バーディを奪うと、後半2バーディ・1ボギーにしのぎ、4アンダーパーで単独首位に立った。1打差の2位には2018年日本シニアオープンゴルフ選手権チャンピオンの谷口徹、JGAナショナルチームメンバーで昨年大会ローアマチュアの桂川有人、本選手権初出場の河本力の3人。さらに1打差の5位タイに2018年日本ゴルフツアー選手権覇者の市原弘大、2019年同選手権優勝の堀川未来夢、本選手権3度目の優勝を狙う片山晋呉、新鋭の今野大喜がつけている。

冷雨が降る午後スタートとなった本選手権がプロ転向初戦の金谷拓実は、3番でバーディを先行させたものの4番でダブルボギーを喫するなど前半3オーバーパーとスコアメイクに苦しんだが、17、18番の連続バーディでこの日2オーバーパーの48位タイでプレーを終えた。また、本選手権初優勝を狙う星野陸也は終盤の連続ボギーが響きイーブンパーの17位タイ、石川遼も3バーディ・6ボギーの73に終わり、63位タイから明日の巻き返しを狙う。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約