2020年度(第85回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Championship Reports
競技報告
【上位にアマチュア3人も今平周吾は「驚きはないです」】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Y. Watanabe
ボギー先行も、パープレーにカムバックして通算4アンダーパーをキープした今平は、胸をなでおろしながらクラブハウスに戻ってきた。
「ショットがぶれてしまって、どうなることか…と思いましたが、なんとか前半の2ボギーを後半の2バーディで取り戻せてホッとしました。ちょっと慌てはしましたけど、焦りはしませんでした」

後半も、微妙な距離のパーパットを決め続けて流れを手放すことはなかった。「ラウンド中にスウィング調整ですか?僕は、そんなに器用じゃありません。できません。だから、そういうショットが出る日も、そのままでゴルフを組み立てていきます。修正するのは、コースではなく、ラウンド後の練習場でというよう
にしています。修正できると思います。そうすれば、また第1ラウンドのようなゴルフができると思います」
落ち着いたものである。首位に立った河本力はじめ3人のアマチュアが上位にいる。そのことに水を向けると、今平は、こう返してきた。
「驚きはありません。大学生ゴルファーはレベルアップしているし、体力、技術、戦術ともにしっかりしていますから、プロレベルの存在になっています。まぁ、第3ラウンドからが本当の勝負ということだとは思いますが」

プロの面目とか意地だとか言わず、結果で勝負しようという今平の胸の内が、最後のセリフからちらっと顔をのぞかせた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約