2020年度(第85回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Championship Reports
競技報告
【2位タイの桂川有人は「2年前の自分にリベンジしたい」】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Y. Watanabe
第2ラウンドをプレーしながら、桂川の頭に2年前の日本オープンのことがちらっとよぎったという。
横浜カントリークラブを舞台にしての戦いだった。第2ラウンドを終えて当時大学2年生だった桂川がトップに立ち注目された。しかし、第3ラウンド以降は自滅する格好で順位を下げ、最終的には33位タイで終わっている。悔しい結果であった。
「今日の前半で2ボギーを先行させたときに、ふと、2年前の第3ラウンド以降の自分の姿、ゴルフが頭に浮かんだんです。そういえば、あのときの後半2日間は、こんな感じだったな…って。前日まで調子のよかったショットが乱れて、修正できなくなっていた。そのままずるずると後退していってしまっ
たのです」

また、なのか。いや、違っていた。体が、本来の自分の動きを取り戻してくれるまで、じたばたせずにリズムだけを意識して打つ。そうしているうちに、本当に違和感のない動きが戻ってきた。9、10番の連続バーディのあと、静かにパーを続けておいて、17番(パー4)でピンまで147ヤードの第2打を9番アイアンで50センチにつけて、この日もアンダーパー(69)のラウンドにした。
「2年前は、じたばたして、プレー中なのに修正しようと、あれこれやってしまいました。本当に強い人は、ショットが悪くても、それなりにスコアを作ってきますよね。今日の自分は、本当に強い人とは思っていませんけど、それなりに崩れずに持ちこたえ、スコアも崩さずにまとめられた。それが、成長だったらうれしいです」

後半の2日間も、何が起こるかわからない。「でも、自滅はしない。つぶれてしまった2年前の自分にリベンジしたいです」
大会後半もパーを基本にしたゴルフを心がけ、チャンスがきたら決めていくという姿勢でプレーしていきたいと言った。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約