2020年度(第85回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Championship Reports
競技報告
【ケレン味あふれるプレーが光った河本力】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y. Watanabe
爽やかな秋空のごとく、一点の曇りもなく小気味いいゴルフを見せてくれたのは、アマチュアの河本力だった。日本体育大学3年生。後輩のキャディと、朝コースに来て「天気も良くて、風は少しあるけれど、目標に向けて頑張ろうね」と言ってスタートした。河本の目標は、1日3アンダーパーで回ること。「優勝とかそういうのではなく、その目標を見失わずに自分のゴルフができたらいいな」と思っている。
それが、気がつけば、第2ラウンドを終えて、なんと単独首位。2位の谷原秀人、今平周吾、そしてアマチュアでジュニア時代からの親友でアマチュアの杉原大河、さらにアマチュアの桂川有人が並んでいる。

河本は、この日10番スタート
。12番でボギーのあと、13、14番で連続バーディ。それも5メートル、7メートルをしっかりと沈めてのバーディだった。さらに17番でボギーとしたものの、すかさず18番で3メートルを入れてバーディ。後半へと折り返して、1番、バーディ。3番、バーディと快進撃が続いた。「結局、1日3アンダーパーの目標に1打足りなかったんですよ。凡ミスが、今日は、2つありました。12番で、3番ウッドでティーショットして、残り168ヤードを8番アイアンで打ったのですが、それが左の池に入ってのボギー。もうひとつは、5番(パー5)かな。凡ミスで、バーディ逃しのパーでした」と言った。
ケレン味のないショットと攻め。それがきっと河本の良さなのだろう。「ラフに入ると難しいですけど、まあ、2日間、5アンダーパーは、悪くないかな。今日も、ティーショットは半分以上フェアウェイでしたし……。4番(503ヤード・パー4)のボギーは、距離は問題なかったんです、ティーショットは3番ウッドでしたしね。でも、そのショットの精度が悪いので左の林の中でした。もちろん出して、乗せて2パットのボギーです。はい」

姉の河本結プロとラインで会話した。ただひとこと「楽しんでね」という言葉だったという。悲壮感とか重圧とかは、まだまだ感じていないようだ。いや、そういうことすら2000年生まれの、いわゆるプラチナ世代には、振り払うエネルギーがあるのだろう。こうみると、女子選手ばかりでなく、男子選手にもプラチナ世代と呼べる有望株がいっぱいいそうだ。この河本力も、そのひとりである。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約