2020年度(第85回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Championship Reports
競技報告
【金谷拓実はプロ転向初戦で初優勝に向けて「明日はビッグスコアを出したい」】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
プロ転向第1戦となる金谷拓実の日本オープンは、どうしてもスコアを伸ばしきれずにいた。でも、気がつけば、通算イーブンパーで5位タイのポジションにつけていた。
「今日は雨で気温も低かったし、難しいコンディションだったので、アンダーパーでまわれて良かったというのと、チャンスが多かったんですけど、それを決めきれなかったので、もう少し伸ばしたかったなと思います」という金谷。

確かに、この3日間、気持ちとゴルフの内容に一体感がなかった。3日間のバーディ数は、首位の谷原の13と1つ違うだけなのに、ボギー、ダブルボギーが多い。そのほとんどの原因は、パッティングだ。3メートル前後の距離が決まってくれない
。「第1ラウンドが苦手なんで、もっと最初にいいプレーができていれば楽に試合を進められていたかなという気もします。そこは課題なので、そこを次からの試合でいいプレーをしたいと思います」としっかりと反省点を見定めていた。

「リーダーズボードは少し見ていて、自分ができるだけ伸ばしいこうという気持ちでプレーをしていましたけど、バーディパットが入らず。でも、順位は上げられたので、ラスト1日まだチャンスはあると思うので、 自分らしいプレーをしてビッグスコアを出したいと思います。(後輩が上位にいることに対して)アマチュアだけどうまいし、そこにプロとアマは関係ないかなと思います。日本一を決める試合ですし、サッカー選手の言葉ですけど、 強いものが勝つ訳ではなく、勝ったものが強いという言葉があるので、結果がすべてかなと思います」という金谷だ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約