2020年度(第85回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Championship Reports
競技報告
【谷原秀人は本選手権初優勝を目前にしても泰然自若】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
最終組。それも同組にはアマチュアの河本力。1打遅れてのスタートだった。河本と谷原は、スタートから5ホール、ずっとパープレーで進んだ。最初にスコアが動いたのは谷原だった。6番(パー3)。谷原が3メートルのバーディパットを沈めた。すると、すかさず次の7番では河本がバーディ。外側から見ると、火花が飛び散るようなマッチプレーの様相に見えた。けれども、百戦錬磨の谷原の気持ちは、穏やかだったという。「今日は、自分自身を追い込まないようにプレーしよう。こういう悪天候、雨、しかも寒さは、欧州ツアーでいくらでも経験している。スコットランドなら、もっと強風だし、寒かったりが当たり前ですからね」と穏やかに語った。む
しろ、若い20歳の河本をみて「楽しかったですよ。飛ぶし、うまいし。やっと日本にもこういう選手が出て来たんだなぁって。アマチュアだからとかじゃなく、一人の選手として見ていました」という。

谷原は、スタート前から気温11度前後。しかも雨という状況を、しっかりと把握していた。「2番手違ってくるホールもある。それに風。フェアウェイからでもフライヤー気味のショットが出る。滑ってしまうしボールコントロールが難しいなぁ」という感じだったという。7番でバーディのあと8番(パー3)でボギー。10番(パー4)でもボギー。劣勢にみえた。谷原が本領を発揮したのは、そこからだった。11、12、13番と連続バーディとした。2.5メートル。5メートル、そして6メートルを沈めたのである。谷原は、練習ラウンドでも、試合で起こりうるであろう場面を想定して、練習をしていたという。ラフや自分ならミスしたら、こうなるだろう。ならば、そこでのリカバリーの練習を、という感じである。

「欧州ツアーでは、毎週のように各国のナショナルオープンに行って戦ってきましたから、誰しもが、ナショナルオープンに勝ちたいと思いますよ」という。この日の1アンダーパーは「十分です。ただ明日、最終ラウンドの展開はイメージできないですよ。天気次第だし、誰が飛び出して来てもおかしくない情況ですからね。そういうときは、ともかく1つ1つ、コツコツとアンダーパーを重ねるしかないですね」自分を追い込まないで情況を把握しながら俯瞰してプレーした第3ラウンド。最終ラウンドのサンデーバックナインで、ようやく追い込みをかけるのかも知れない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約