2020年度(第85回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Championship Reports
競技報告
【谷原秀人が通算-5で初制覇に王手。アマチュアの河本力と2勝目を狙う稲森佑貴が1打差で追走】
第3日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
谷原秀人
稲森佑貴
@河本 力
「2020年度(第85回)日本オープンゴルフ選手権」は17日、千葉県野田市の紫カントリークラブすみれコースで第3ラウンドを行った。早朝から氷雨が振り続ける厳しいコンディションとなったこの日。上位陣は、耐えるゴルフを強いられた。通算5アンダーパーで単独首位でスタートしたアマチュアの河本力は、前半2バーディを奪うものの、13番でダブルボギー、16番でボギーと後半3つスコアを落として首位から陥落。変わって1打差2位タイグループで河本ともに最終組でプレーする谷原秀人が11番から3連続バーディを含む4バーディ・3ボギーの69をマーク。通算5アンダーパーで単独首位に立ち、本選手権初優勝に王手をかけた。河本は1打差の2位タイに踏みとどまり、第1回大会の赤星六郎以来のアマチュア優勝に望みをつなぎ、2018年大会以来2度目の優勝を狙う稲森佑貴とともに明日の最終ラウンドを迎える。通算2アンダーパーの4位タイには内藤寛太郎がつけている。プロ転向初戦の金谷拓実は、3バーディ・2ボギーの69で通算イーブンパー。市原弘大、アマチュアの杉原大河とともに5打差5位タイから逆転初優勝を目指す。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約