2020年度(第85回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Championship Reports
競技報告
【65のベストスコアで追い上げた石川遼は3位タイ】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
スタート前に石川遼は、目標スコアを設定していた。「上位に食い込むというより、できることなら逆転優勝とまで欲張っていたので4、5アンダーパーで回らないことには話にもならないと思いました。最低で4アンダーパー、できれば5アンダーパーでいけば、通算で3アンダーパーまでいける。とにかく、これまでの3日間とは違う攻め一辺倒の前のめりゴルフをすると決めていました」
前日までは3番ウッドやアイアンで打っていたホールもドライバーを振りちぎった。「おかげで、バーディチャンスをたくさん作れて、パットも決まりました。7バーディで、2ボギー。ええ、このコースでこういうゴルフをしていったら2ボギーは仕方がないところで
しょう。想定内と言っていいと思います」

目標スコアを達成し、通算3アンダーパーでホールアウトし、メディアに囲まれた石川は、「それでも、ちょっと足りなかったですね」(最終組は、まだ数ホール残していた)。「でも、精いっぱいのゴルフができたことには、満足しています」次戦は、ZOZO CHAMPIOMSHIPになる。そこに向けて、最終ラウンドのゴルフで石川は「今日のゴルフでつかめた収穫を、大舞台にぶつけたい」と、口にした。

ずっと続けてきたスウィング改造が完成に近づいてきたという手応えがあるという。「フジサンケイの頃は、ドローボールを打とうとして逆球が出たり、芯をはずしたり…。それが、80%以上打ちたいショットを打てるようになってきたので、スコアメイクの方に神経を集中できると思います。この、スウィング、ゴルフで戦うという覚悟もできました。日本オープンの最終ラウンドの追い上げと、3位という成績にちょっと自信をつかめました」

第1ラウンドの出遅れから、最終ラウンドの大まくりまで、石川得意の劇場型ゴルフは、コロナ禍が終息後のトーナメントで、またファンを沸かせることになりそうだ。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約