2020年度(第30回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
FacebookFacebook
Championship Reports
競技報告
【寺西明が通算-5で本選手権初優勝を飾る】
第4日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
優勝 寺西 明
ローアマ 木田正彦
「2020年度(第30回)日本シニアオープンゴルフ選手権」は20日、兵庫県川西市の鳴尾ゴルフ倶楽部で最終ラウンドを行った。通算4アンダーパーで2位グループに2打差をつけて単独首位からスタートした寺西明は、4番ホールでボギーが先行、7番バーディ、8番ボギーと前半で1つスコアを落とす。寺西のスコアが伸び悩む中で、首位に迫ったのは、3打差4位タイにつけていた鈴木亨。これまで2度の2位とあと一歩で戴冠を逃してきた鈴木が、前半で1つスコアを伸ばすと、手嶋多一と塚田好宣も33と寺西を追い詰める。しかし、鈴木が11番(パー4)でまさかの8打で優勝争いから脱落すると、手嶋も10番でダブルボギー。塚田も終盤連続ボギーで寺西との差を詰められない。一方の寺西は、13番からの連続バーディで後続を突き放すと、その後は隙がないプレー。この日4バーディ・3ボギーの69でホールアウトし、通算5アンダーパーで本選手権初優勝を完全優勝で飾った。5打差の2位には岡茂洋雄、さらに1打差の通算1オーバーパーで川岸良兼が3位に入賞した。
なお、ローアマチュアは、通算12オーバーパーで全体の28位タイとなった木田正彦が2017年大会以来2度目の獲得となった。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

JGA公式YouTubeチャンネルでも情報を配信していますので、ぜひご登録をお願いします。
JGA公式YouTubeチャンネルはこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約