2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook Facebook
Championship Reports
競技報告
【丸山大輔と伊藤正己が首位タイに並ぶ】
第1日 競技報告:JGA    写真:Y. Watanabe
丸山大輔
伊藤正己
2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権は16日、山梨県北杜市のシャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部で第1ラウンドを行った。コースの周りを囲うようにそびえ立つアルプス山脈、八ヶ岳が見守る中開幕した初日、本選手権初出場、今年シニアツアーデビューを飾った丸山大輔と、日本シニアオープンにおいて史上3人目のエージシュートを達成した伊藤正巳の2名が首位タイで並んだ。丸山は6バーディ・ノーボギーと安定したプレーで6アンダーパーをマークし、シニアツアー初優勝に向けて上々の滑り出しを見せた。また、65歳の伊藤も7バーディ・1ボギーと攻めのゴルフが冴えわたり、65ストーロークをマーク、2007年の青木功、2017年の海老原清治以来、4年ぶりの本大会エージシュート達成者となった。

1打差の3位には2019年チャンピオン谷口徹、さらに1打差4アンダーパー、4位タイに相澤敏弘、溝口英二、森田徹、飯島宏明がつけている。
連覇を目指すディフェンディングチャンピオン寺西明は前半3バーディで折り返すも後半短いパーパットが入らず3アンダーパーの8位タイで初日を終えた。同スコアには16、17、18年チャンピオンのP・マークセンをはじめ、本選手権初出場の宮瀬博文やシニアツアー3年目の手嶋多一、深堀圭一郎らもつけており、上位争いは実力者でひしめきあっている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約