2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
オープン競技ロゴダウンロード
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook Facebook
ROUND│4 更新 09/21 12:35
POS Player Score Today Hole Rounds Total Prize
R1 R2 R3 R4
1 手嶋 多一 -19 -5 F 68 66 65 66 265 ¥ 16,000,000
2 桑原 克典 -11 -5 F 69 67 71 66 273 ¥ 8,800,000
3 飯島 宏明 -10 -2 F 67 68 70 69 274 ¥ 6,160,000
4 深堀 圭一郎 -8 +1 F 68 69 67 72 276 ¥ 4,000,000
5 P・マークセン -7 +1 F 68 71 66 72 277 ¥ 3,360,000
フルリーダーボード
大会前第1日第2日第3日第4日
DAY4[第4日]
2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権の第4ラウンドが山梨県北杜市のシャトレーゼヴィンテージGC(6,465ヤード パー71)で65人の選手が出場して行われた。快晴の中、前日首位の手嶋... 詳細はこちら

【大会優勝最少ストローク、大会最多差優勝の記録を塗り替えた手嶋多一】
終わってみれば、圧勝だった。でも、それは結果論である。手嶋多一は、自分の気持を緩めることもなく、過不及の無い緊張感をずっと持ち続けていた。
それを72ホールという長い戦いの中で、貫き通すことほど大変...
詳細はこちら
【2位狙いで、その位置を確保した桑原克典は「大満足です」】
3日目を終えて首位の手嶋多一とは8打差の5位タイ。桑原克典は、その最終日を前に、ターゲットを手嶋ではなく、2位にいた深堀圭一郎に切り替えていた。弱気と言われるかもしれないが、この戦略の裏には、確かな分... 詳細はこちら
【シニアルーキー飯島弘明はベストフィニッシュでシード権をほぼ確保】
飯島弘明が身上とする丁寧で粘りのあるゴルフは、最終日も変わることなく続いた。フェアウェイをとらえ、グリーンに乗せる。それがチャンスにつけば、そのときは積極的にカップインを狙う。難しいラインやちょっと距... 詳細はこちら
【日本シニアオープン第4ラウンドが定刻にスタート】
日本シニアオープンの第4ラウンドが定刻9時5分に第1組がスタート。通算14アンダーパーで首位の手嶋多一は、2位の深堀圭一郎、3位タイのプラヤド・マークセン(タイ)と10時55分にスタートした。天候に恵... 詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権 第3ラウンドは、濃霧による2度の中断を挟んだものの、無事全員がホールアウトすることが出来た。心配された台風14号の影響はなかったものの、代わりに... 詳細はこちら

【濃霧の中断でスイッチが入った手嶋多一】
濃霧の中断が、小刻みに数回続いた。最初は、12時46分から14分。さらに13時38分から14時7分まで。中断していなくても、霧の濃さは、あちらこちらで見え隠れしていた。
手嶋多一が、8番にいたときが...
詳細はこちら
【13番のチップインイーグルで最終日の最終組同期対決にモチベーションを高めた深堀圭一郎】
濃霧で2度の中断。選手たちには、長い第3日のラウンドになった。再開されてもホールによってはフェアウェイやグリーンへの視界が閉ざされる状況もあった。2バーディ・1ボギーで13番パー5ホールを迎えた深堀。... 詳細はこちら
【当日のグリップ変更が奏功し、3位タイへ浮上 P・マークセン】
コロナ禍で昨年は来日できなかったプラヤド・マークセンは、2年ぶりの日本シニアオープン出場となった。今大会は、3アンダーパーとまずまずのスタートを切ったが、第2日はパープレーと足踏みした。パットが、決ま... 詳細はこちら
【身上の粘りのゴルフで飯島弘明が3位タイ】
第3日の飯島は伸び悩み状態だった。1番をボギーにし、3番バーディで取り戻してからは、動きがピタッととまり、10ホール続けてのパー行進が続いた。14番パー3ホールで7メートルを決め、ようやくスコアを動か... 詳細はこちら
【夫人と二人三脚の社会人アマチュア、水上晃男】
アマチュア選手でただ一人予選通過を果たした水上晃男は、第3ラウンドで3アンダーの69をマークして、全体で7位タイにつけた。「せっかくだから、少しでも上位に行きたいですね」と語る水上は、54歳になったい... 詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権 第2ラウンドは、午後から迫り来る台風14号の影響で曇りがち、若干風も吹き始めた。午前のスタートだった手嶋多一が5アンダーパー66をマークして、通... 詳細はこちら

【手嶋多一が圧巻のゴルフで2つ目のナショナルオープンタイトルへ前進】
手嶋多一が、5バーディ・ノーボギーで首位に躍り出た。第1ラウンドでは、1イーグル、4バーディ、3ボギーの68と激しいゴルフだったけれど、第2ラウンドでは、一変し着実にバーディを奪うゴルフに変わった。 ... 詳細はこちら
【飯島弘明はシニアルーキーで本大会初出場】
4アンダーパーからスタートした2日目の飯島弘明。好調なドライバーショットでフェアウェイをとらえ、バーディに繋げていった。2、3番の連続バーディを起点となって順調に伸びるスコア。6番で第2打をバンカーに... 詳細はこちら
【初出場のデビッド・スメイルが3位タイに】
日本ツアーで活躍してきたデビッド・スメイル。ここ数年、同ツアーのシードを確保できず、姿を見ることがなくなっていたが、シニアツアーに戻ってきた。長身で持ち味は静かなステディープレー。シニア入りしても、変... 詳細はこちら
【自信をもって桑原克典が首位と2打差の3位タイに】
5バーディ・1ボギーの67をマークして、通算6アンダーで首位と2打差の3位につけた桑原克典。バーディを5つもぎ取っているにも関わらず「グリーンは、まったく読めませんでしたね」と難しさを強調していた。「... 詳細はこちら
【深堀圭一郎は、日本オープンに続いての日本シニアオープン制覇に挑み続ける】
深堀圭一郎はシニア入りしてから、ずっと日本シニアオープン優勝を最大の目標にしてきた。両オープン制覇を達成しているのは、青木功、中島常幸、谷口徹だけ。深堀は4人目の両ナショナルオープン優勝者という栄誉に... 詳細はこちら
【第2ラウンド、午前スタートホールアウト】
「2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権」第2ラウンドは、午前スタートの第20組までの選手がホールアウト。7時21分に10番ホールからスタートした手嶋多一が5バーディ・ノーボギーでトッ... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権は16日、山梨県北杜市のシャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部で第1ラウンドを行った。コースの周りを囲うようにそびえ立つアルプス山脈、八ヶ岳が見守る... 詳細はこちら

【好スタートを切ったシニアルーキー丸山大輔の気づき】
ボギーなしで6バーディ。シニアルーキーの丸山大輔が、第1日の首位に立った。日本シニアオープンも、もちろん初出場である。本大会に向けての意気込みには、レギュラーツアーを振り返っての思いがこもっていた。 ... 詳細はこちら
【大会史上3人目のエージシュートを達成した伊藤正己】
エージシュート。年齢を重ねていくと、誰もがエージシュートを狙いたくなる。自分の年齢か、それ以下のスコアで18ホールを回ればエージシュート達成になる。
伊藤正己は、2019年のノジマチャンピオンカップ...
詳細はこちら
【誤算のボギースタートから5アンダーパーにスコアをまとめた谷口徹】
10番からのスタートだった谷口は、ティーショットを打つ前にちょっとした誤算があったことに気づいていた。手にしたのはロフト19度のUTクラブ。このショットは左林に引っかかった。脱出にてこずり、パー4ホー... 詳細はこちら
【シニア参戦2年目の自覚、森田徹】
シニアツアー参戦2年目の森田徹は、8月下旬のマルハンカップ太平洋クラブシニアで、念願の初優勝を果たした。優勝して、ホッとしたり、少し楽になったりとか心境の変化ってありましたか? と質問すると「確かに、... 詳細はこちら
【無敵マークセンに復活の気配】
谷口徹、寺西明、プラヤド・マークセンという歴代チャンピオンが同組でプレーした。谷口が5アンダーパー、マークセンは寺西とともに3アンダーパーと強豪組らしい好スコアを連ねてのラウンドだった。
日本シニア...
詳細はこちら
【ディフェンディングチャンピオンの重圧、寺西明】
ディフェンディング・チャンピオンには、知らずしらずのうちに重圧が、まとわりつく。特に、ナショナルオープンのディフェンディング・チャンピオンになると「背負うものができたから、いまからがいちばんしんどくな... 詳細はこちら
【第1ラウンド、定刻スタート】
2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権が16日、山梨県北杜市のシャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部で開幕した。定刻6時45分には、1番ホールから第1組、10番ホールから第12組がそれぞ... 詳細はこちら
ページトップ
PREVIOUS DAY[大会前]
2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権(賞金総額8000万円 優勝賞金1600万円)が、明日16日開幕する。今年の会場は、山梨県北杜市にあるシャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部(6,4... 詳細はこちら

選手・キャディーの皆さまへ :感染症対策について
選手・キャディーの皆様へ
本大会での感染症対策についてについてお知らせします。

■問診票の提出
  ・大会週の月曜日以降、最初に来場される日を最終日とした14日間の体温、行動記録などを申告い...
詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約