2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook Facebook
Championship Reports
競技報告
【大会史上3人目のエージシュートを達成した伊藤正己】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.WATANABE
エージシュート。年齢を重ねていくと、誰もがエージシュートを狙いたくなる。自分の年齢か、それ以下のスコアで18ホールを回ればエージシュート達成になる。
伊藤正己は、2019年のノジマチャンピオンカップで、63歳のときに62で回って達成した選手である。これもすごい記録だ。そして、日本シニアオープン史上では、過去に2人の達成者がいる。2007年(熊本中央CC)大会では、当時65歳の青木功が、最終日65をマークして優勝している。2人目は、2017年(ザ・クラシック)大会の第1ラウンドで、当時68歳ぼ海老原清治が、68をマークして達成。今回の伊藤正己が65歳で65をマークして達成。3人目となる。
レーを振り返ると「1番ホールで、チップインバーディを獲ったんです。ところが2番で、バーディチャンスを外して、まあ、今日のゴルフは、こんなもんなのかなって思いながらスタートしたわけです」ところが、3番で1メートルを沈め、5番で、2メートル弱を沈め、さらに9番、パー5でもバーディとし、前半を31で折り返した。
あれ? ひょっとしたら……。という気持ちが湧き出した。好事魔多しで、10番でボギーを叩き「あー、また終わったわ」と一端は、諦めかけた。圧巻は、11、12、13番の連続バーディ。「ショットが、今日は切れていたんですよ。11番は、2メートル半。12番は、もうOK距離。13番はm1メートルでしたから」
伊藤が「エージシュート」をしっかりと意識し始めたのは、ここからだった。当然、攻めるだけのゴルフではなくなっていく。その不安と期待感の狭間で揺れ動く心理は、長いながーい5ホールになったことだろう。
最終18番、パー5。ティショットは左に引っ掛けた。緊張の真っ只中だった。けれどもそこからのパーのとり方は、うまかった。伊藤が、所属コースで練習の虫と呼ばれるほどの努力が、ピンチを助けてくれたのだろう。2打目を着実にフェアウエイに出して、3打目は、ピン右横5メートルにつけて、2パットのパー。無口でシャイな伊藤の顔が、満面の笑顔に変わった瞬間だった。
「嬉しい。嬉しいです」という伊藤には、達成感が溢れていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約