2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook Facebook
Championship Reports
競技報告
【ディフェンディングチャンピオンの重圧、寺西明】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
ディフェンディング・チャンピオンには、知らずしらずのうちに重圧が、まとわりつく。特に、ナショナルオープンのディフェンディング・チャンピオンになると「背負うものができたから、いまからがいちばんしんどくなってくるよ」と、尊敬する先輩の高橋勝成から祝福? の言葉をもらったという。
「プロゴルファーとしてこれからが地獄だよって言われました。自分でもそうだと思います。それだけ、もう大きな冠ですね。トーナメントで短いのを外してボギーを叩いたらギャラリーに「えっ~」って言われますしね。プライベートでもあんな球打つんだとか思われますしね。自分のゴルフが良いにしろ悪いにしろ、注目度が変わりました」と、寺西は語
った。
高橋勝成からは「地獄の一丁目にようこそ」と、言われたそうである。
2021年、日本シニアオープンの第1日目。まさに寺西にとって、いままでとは違った立場でティイングエリアに立った。この日、10番ホールからのスタート。12番までパープレーが続いた。でも、なにかが違っていた。2回もバーディチャンスを逃していた。続く13番、パー5でバーディを奪ったものの「本来なら、イーグルチャンスだった」ものを、逃してのバーディ。16、17番もバーディとしたが、それでも15番で、1メートル半を外した。
後半の1番から、なんとノーバディ、ノーボギー。スコアカード通りのパープレーで終わった。
「確かに、このところ調子は万全ではないんです。それを象徴していたプレーでした。ショットも悪かったし……」と、反省が先にたった。確かに、前半で3つのバーディを奪ったものの、バーディチャンスをいくつも逃していた。その流れに乗れないプレーが、後半に入って、ショットのブレ幅の大きさに変わっていった。
後半のバーディチャンスを逃したホールは、少なくとも5ホールはある。けれども、1,2メートルの距離だけでなく、最大距離が5メートル、7メートルというものもある。
寺西さんらしくない、と突っ込んで質問すると、本音を吐いた。
「うーん。よそいきのゴルフだったのかも知れない。知らない間に、囲いにいっていたんだと思う」と吐露した。
「ゴルフは、恐ろしいですね」とため息をついた。そして、踵を返すように、きっぱりと「もっとオリジナル(自分の)ゴルフをしないとアカンです。誰かと比べてとか、雑念をすてて、自分とコースとの戦い。格好いいゴルフではなく、自分らしさのゴルフに徹しないとですね」と語った。
「切り替えます!」といった。
夕方、練習グリーンを見ると、寺西が黙々と練習している姿があった。ディフェンディング・チャンピオンのプライドだろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約