2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook Facebook
Championship Reports
競技報告
【飯島弘明はシニアルーキーで本大会初出場】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe、K.Aida
4アンダーパーからスタートした2日目の飯島弘明。好調なドライバーショットでフェアウェイをとらえ、バーディに繋げていった。2、3番の連続バーディを起点となって順調に伸びるスコア。6番で第2打をバンカーに打ち込み、ボギーにするものの続く7番から2度目の連続バーディを奪ってペースはとどこうことがなかった。さらにインにターンしてからも16、17番で3度目の連続バーディとスコアを伸ばし続け、このホールが終わったところで通算9アンダーパーとトーナメントをリードしていた。ところが、最終18番パー5ホールに思わぬ落とし穴が待っていた。
ドライバーショットは、フェアウェイに打ち出された。ピンまでは、やや打ち下
ろしの240ヤード。好位置をキープしたことで、レイアップではなく2オン狙いとアグレッシブな気持ちが前面に押し出されたようだ。このときの心境を飯島は、次のように明かした。
「2オンというより手前エッジでもいい。そう思ってUTクラブ(ロフト21度)を選んだのですが、いざ打つときになって“ちょっと短いかな…”というのが余計な反応となってダフッてしまいました」
ボールは右に飛び出し、ペナルティエリアに転がり込んでしまった。そして、スコアはダブルボギー。2ストロークを失い、通算7アンダーパーでのホールアウトとなってしまった。
「でも、攻めた結果ですから、仕方ありません。ダメージはありませんよ」
シニアルーキーで、日本シニアオープンは初出場となる。今シーズンは、先輩プロへの挨拶から始まった。ひととおり挨拶を済ませて、落ち着いて戦いに挑めるようになると、ショット、パットともに調子が上向きになり、前週のコマツオープンでは初めてのトップ10入りとなる8位タイに食い込んだ。
レギュラーツアー時代は04年ミズノオープン2位(プレーオフ負け)以外目立った成績は残せなかった。「自分はそれほど飛距離を出せるタイプではないので、アプローチとパットでなんとかしのいでいかなければなりませんでした。爆発的なスコアは出せなかったですね」。飯島は、レギュラーツアー時代をそう振り返った。
シニアツアーでは、戦うのに十分な飛距離レベルとなり、夢が広がっている。「これまでとゴルフスタイルを変えることなく、いいスコアが出せるようになった気がしています。だからマイペースでラウンドできています」
第2日の最終ホールでダブルボギーを打ったことも、さらりと受け流せたのも、そのあたりの余裕であろうか。好位置で決勝ラウンドに進んだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約