2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook Facebook
Championship Reports
競技報告
【深堀圭一郎は、日本オープンに続いての日本シニアオープン制覇に挑み続ける】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:K.Aida
深堀圭一郎はシニア入りしてから、ずっと日本シニアオープン優勝を最大の目標にしてきた。両オープン制覇を達成しているのは、青木功、中島常幸、谷口徹だけ。深堀は4人目の両ナショナルオープン優勝者という栄誉に惹かれているのだ。
「なかなかたどり着けないけど、今回も、ここに向けて調整してきました。ちょっと手応えを感じているのは、パッティングですね。自分はラインを決めてアドレスしたら、すぐに打ってしまう。迷いが出ないうちに打つスタイルを続けてきています。これで決まりだしたら、とことん決まるのが、いわゆるゾーンに入った状態です。滅多にないんですけど、でもルーティーンを変える気はありません。とことん入ったと
きの気持ちよさを知ってしまっているので、練習グリーンでも、構えたらすぐにストロークを実践しています」
今週は、そのパッティングがチャンスで決まっている。第2日も2ボギーがありながら4バーディを奪って2打スコアを伸ばし、通算5アンダーパーとなって、5位タイに浮上した。この位置とゴルフの内容で深堀は「(結果を)楽しみにできますね」と、虎視眈々―。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約