2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook Facebook
Championship Reports
競技報告
【手嶋多一が圧巻のゴルフで2つ目のナショナルオープンタイトルへ前進】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe、K.Aida
手嶋多一が、5バーディ・ノーボギーで首位に躍り出た。第1ラウンドでは、1イーグル、4バーディ、3ボギーの68と激しいゴルフだったけれど、第2ラウンドでは、一変し着実にバーディを奪うゴルフに変わった。
「反省したんです。最近、振れてるんですよね。振れてるから距離も少し伸びる。その感じで、ついついグイグイと攻めてしまう。それを今日は、まずピンの奥につけずに、手前、手前というプレーに変えました」と言った。振れているから、気持ちよく打てる、攻められる。でも、そこには落とし穴もある。予期せぬアクシデントに見舞われることもある。「そうなんですよね。先週のコマツオープンでも、せっかくいい位置(最終日を前に
首位と2打差の4位タイ)にいながら、最終日に3発のOBなどでダブルボギーを2つも打っちゃって……」という反省もある。
振れちゃうという現象は、本能的にイケイケの気分になってしまう。ノーリミット状態は、結果的にコントロールが効かないから出たとこ勝負になりがちだ。その反省を込めて「コントロールを重視して、まずはフェアウエイ。そしてグリーンを狙うショットは、ピンの手前に落とす」ことだけに集中するゴルフに切り替えたのだ。
10番からスタートして、3メートルにつけて、いきなりバーディ。13番、パー5も、無理に2オン狙いを考えずに的確に打って、3打目のアプローチは「もうOK距離につけてのバーディでした」と順調な滑り出しだった。15番、379ヤードと短めのパ−4。そこでも、着実にフェアウエイに置いて、残り70ヤードを50センチにつけてのバーディ。33で、後半へ向かった。
「1番から6番まで、ずっとパーでした。でも、ここはボギーもあるというクセのあるホールが多いので、無理せずにパーを凌ぐゴルフでした」という手嶋。そして7番では、ドライバブル(1オン狙い可能な)のパー4。「無理せずしっかりとグリーンエッジまで運んでのバーディでした」。さらに9番、パー5でも、3打目を1メートル半につけてのバーディ。本能的に振れてしまう自分をしっかりと理性でコントロールできた1日となったのである。
「やっぱり欲しいタイトルですよね。ナショナルオープンですからねぇ」と言った。手嶋多一は、ちょうど20年前に、日本オープン(東京ゴルフ倶楽部)に優勝している。2位の米山剛に4打離しての圧勝だった。3位は、伊澤利光である。手嶋にとっては、どうしても欲しいナショナルオープンのこのタイトルを、20年目にして掴み取りたいはずである。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約