2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook Facebook
Championship Reports
競技報告
【手嶋多一が2位に5打差をつけて独走態勢に】
第3日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
手嶋多一
深堀圭一郎
2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権 第3ラウンドは、濃霧による2度の中断を挟んだものの、無事全員がホールアウトすることが出来た。心配された台風14号の影響はなかったものの、代わりに霧がコースの視界を遮った。そんな中、首位でスタートした手嶋多一が7バーディ、1ボギーの6アンダーパー65をマークして、スコアを通算14アンダーパーと伸ばし、2位の深堀圭一郎に5打差をつけて優勝に王手をかけた。

手嶋は2001年に日本オープンを制しており、明日日本シニアオープンに優勝すると、青木功、中嶋常幸、谷口徹に次いで、4人目の日本オープン&日本シニアオープンのダブルチャンピオンとなる。これについて手嶋本人は「聞かなければ良かった。プレッシャーになる」と苦笑い。2位との差についても「何が起るかわからない」と気を緩める様子はない。「明日も今日と同じように攻めていきたい」と逆に気を引き締めていた。

なお、前日エージシュートを達成した髙橋勝成(71歳)は、この日も1アンダーパーの70で回り、連日のエージシュートを達成した。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約