2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook Facebook
Championship Reports
競技報告
【手嶋多一が記録ずくめの圧勝で、日本オープンに次ぎ日本シニアオープンのダブルタイトルを獲得】
第4日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権の第4ラウンドが山梨県北杜市のシャトレーゼヴィンテージGC(6,465ヤード パー71)で65人の選手が出場して行われた。快晴の中、前日首位の手嶋多一が6バーディ、1ボギーの5アンダーパーの66をマークして、通算19アンダーパーで優勝した。265ストロークは大会最少ストロークでの優勝で、2位の桑原克典に8打差をつけての優勝も大会最多差での優勝となった。さらにこの優勝で2001年日本オープンと日本シニアオープンのダブルタイトル獲得となった。これで青木功、中嶋常幸、谷口徹に次ぐ4人目の偉業達成となった。

アマチュアで予選をただ一人通過した水上晃男が通算5アンダーパーで2年ぶり2回目のローアマチュアを獲得した。水上は8位タイに入り、これまでのアマチュアの最高順位(1996年9位タイ黒川倫行)を更新した。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約