2021年度(第31回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook Facebook
Championship Reports
競技報告
【2位狙いで、その位置を確保した桑原克典は「大満足です」】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe、K.Aida
3日目を終えて首位の手嶋多一とは8打差の5位タイ。桑原克典は、その最終日を前に、ターゲットを手嶋ではなく、2位にいた深堀圭一郎に切り替えていた。弱気と言われるかもしれないが、この戦略の裏には、確かな分析があった。
実は日本シニアオープン前週に行われたコマツオープンの最終日、桑原は手嶋と同じ組でラウンドしていた。結果は70をマークした桑原が8位タイ。手嶋は75とスコアを崩して23位タイだった。
「多一さんは、ドライバーショットがちょっと荒れていました。でも、3W、5Wのショットは素晴らしかった。で、日本シニアオープンです。3日目までスコアを伸ばし続け多一さんは、ドライバーで無理するホールがな
く、3W、5Wでフェアウェイヒットしておけば、バーディチャンスにつけられるホールが多い。“このコースは、間違いなく多一さん向けだな…”って思っていたんです。案の定の好スコア連発でしたね。最終日も、崩れることは考えられませんでした。だから、逆転なんて考えず、3打差の2位の座を目指すことにしたんです」
パッティングは大会を通じて好調だった。2バーディ・1ボギーで迎えた9番パー5ホール。桑原は、この9番をキーホールに挙げていた。「インに入るとグリーンの難しいホールが続くので、9番でバーディをとっておくと楽な気持ちでインに向かっていけるから」
狙い通りにバーディを決めて、グリーンの難しい10番からの3ホールをパーで切り抜け、14、15番と連続バーディ、最終ホールもバーディ奪取で通算11アンダーパーまでスコアを伸ばしてのホールアウトになった。深堀を始め3選手を抜いて狙い通りの2位。手嶋とはスタート時と同じ8打差のままだった。桑原の読みと目標設定どおりの結果にホールアウト後の桑原は、「満足です!」と言って胸を張った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約