2022年度(第55回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Twitter Facebook YouTube Instagram
Championship Reports
競技報告
【山下流の難コース対応ゴルフ】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
前週のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで第1ラウンドに12バーディ・ノーボギーの60というツアー最少スコアでロケットスタートを切り、そのまま逃げ切っての完全優勝で3勝目を挙げた山下美夢有。その勢いのまま日本女子オープンに臨んだかに思えたが、ちょっと様子が違った。練習ラウンドでショットの不安定さを感じていたという。「ドライバーショットが、左に引っかかり気味で、ドライビングレンジで調整はしたのですが、修正しきれないまま本番が始まってしまいました」

前週の第1ラウンドのようにノーボギーのラウンドというわけにはいかなかった。「ボギーになるのは仕方がない。でも、大きくスコアを崩さないためには、
何が必要なのか。考えました。答えは、意外に簡単でした。これだけ難しいセッティングなら割り切ったプレーができる。曲げたら、深いラフ。もうグリーンは狙えない。ラフから打てるのは8番アイアンまで。それより長いクラブで打たなければならないような状況では、距離的に必要なクラブを持たない。グリーンは狙わない」

割り切れれば、無理はしない。できることしかしないーというゴルフで17ホールまで2バーディ・2ボギーのイーブンパーで通過した。そして迎えた18ホール目の9番(パー4)。ドライバーショットは、フェアウェイをとらえた。ピンまで132ヤードの第2打。9番アイアンでピン手前2.5メートルにつけた。これをきっちりと決めてのバーディフィニッシュとなった。

「アンダーパーで回れたので、満足できる結果になりました。納得できない部分は、この大会での自分の伸びしろということで、明日以降に繋げていきます」

ドライバーには、ちょっと不安があるが、アイアンショットは前週までの調子が続いている。ラウンド後は、ドライビングレンジに向かった。もちろん、ドライバーショットの修正をするためである。かなり念入りな調整を続けた。第2ラウンド以降の上昇を期待できそうだ。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約