日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
2013年大会ハイライト
大会の歴史
歴代優勝者
過去の大会
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本シニアオープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Highlight 2013
2013年大会ハイライト
2013年度(第23回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
2013年10月31日〜11月3日 麻生飯塚ゴルフ倶楽部 ブルー・グリーンコース 参加者数:108名 アマチュア:15名
1st Round
6アンダーパーで室田淳と水巻善典が首位タイスタート
室田淳 尾崎直道
室田 淳 尾崎 直道
第1ラウンド、首位に立ったのは6アンダーパーでホールアウトした室田淳と水巻善典。室田は3番でイーグルを奪うなど、前半で6つスコアを伸ばすが、後半に入ってパットが決めきれず1バーディ・1ボギーで66。水巻は、後半に5バーディを奪うなど31をマークし好スタートを切った。

2打差の2位には加瀬秀樹と尾崎直道、さらに昨年大会6位のバリー・レーンがつけた。

2nd Round
通算6アンダーパーでポール・ウェセリンが単独首位に
ポール・ウェセリン バリー・レーン
ポール・ウェセリン バリー・レーン
初出場のポール・ウェセリンが6バーディ・1ボギーの67のベストスコアをマークし、単独首位に浮上した。
首位タイスタートの水巻は5番ホールでダブルボギーを叩くなど73、室田淳も1つスコアを落として、ともに通算5アンダーパーで2位タイに一歩後退した。さらに2打差の4位にはバリー・レーンがつづき、通算2アンダーパーの5位タイには羽川豊と岩渕博幸がつけている。

なお、この日カットが行われ、通算8オーバーパーの53位タイ63人が決勝のラウンドへの進出を決めた。

3rd Round
通算10アンダーパーで室田が大会2勝目に王手をかける
水巻善典 加瀬秀樹
水巻 善典 加瀬 秀樹
通算6アンダーパーの首位タイでスタートしたポール・ウェセリンが2番ホールでボギーを叩くなど足踏みを続ける中、スコアを伸ばしたのが室田。
2番から3連続バーディを奪うなどベストスコアの67をマークし、通算10アンダーパーで単独首位。2011年大会以来の2勝目に王手をかけた。

2打差の2位には69でホールアウトした水巻。さらに1打差の3位にバリー・レーンがつけ、通算5アンダーパーの4位に加瀬秀樹が逆転初優勝を虎視眈々と狙う。

4th Round
雨中の決戦を制した室田が通算9アンダーパーで2度目の戴冠
優勝者とローアマチュア
松本新語(左)と室田淳(右)
 
単独首位でスタートした室田と2打差2位の水巻の最終組は、出だしからスコアが動いた。

1番ホールで室田が3パットのミス、水巻もボギーを叩くと、直後の2番ホールでバーディ。3番ホールでは水巻がバーディと一進一退の攻防の中、室田が7番でボギーを叩いて、前半を終えて両者は通算8アンダーパーで首位タイに。直後の10番ホールで室田がイーグルを奪って試合の流れを引き戻すと、水巻は後半3ボギーで自滅。
室田が通算9アンダーパーで2011年大会に続いて本選手権2度目の優勝を果たした。

1打差の2位には、この日ベストスコアの67をマークした東聡が入り、水巻は通算5アンダーパーでポール・ウェセリンとともに3位タイに終わった。

ローアマチュア争いは、通算14オーバーパーで全体の45位タイとなった松本新語が2011年大会以来2度目の栄冠に輝いた。

 
2013年度 (第23回) 日本シニアオープンゴルフ選手権競技 成績はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約