日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
大会ハイライト
大会の歴史
歴代優勝者
過去の大会
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Highlight
大会ハイライト
2016年度(第81回) 日本オープンゴルフ選手権競技
2016年10月13日〜10月16日 狭山ゴルフ・クラブ 参加者数:120名 アマチュア:15名
1st Round
大会最多の1万人を超えるギャラリーが見守る中、4アンダーパーのH・W・リューが単独首位に。
注目の松山、アダム・スコット、石川遼は出遅れ
アダム・スコット 石川 遼
アダム・スコット 石川 遼
プロとして初出場の松山英樹、3年連続出場のアダム・スコット、2012年大会以来の参戦となる石川遼の3選手が同じ組でのペアリングとなった前半のラウンド。平日にも関わらず、1万人を超える大ギャラリーが会場の狭山ゴルフ・クラブに詰めかけ、3選手の一挙手一投足に熱い視線を送った。しかしながら、注目組の3選手は揃ってスコアメイクに苦しみ、松山が1オーバーパーの15位タイ、石川が5オーバーパーの61位タイ、スコットは6オーバーパーの75位タイと下位からのスタートとなった。

ベベルカットが施されるなどナショナルオープン仕様にセッティングされた狭山ゴルフ・クラブで首位スタートを切ったのは、H・W・リュー。リューは4バーディ・ノーボギーの完璧なプレーで2位の矢野東に1打差をつけた。さらに1打差の3位には藤本佳則。1アンダーパーの4位タイには、連覇を狙う小平智、賞金ランキングトップの谷原秀人、飛距離が魅力の大堀裕次郎らと、アマチュア予選会「ドリームステージ」から勝ち抜き、史上初の本選出場を果たした中島啓太が食い込む健闘を見せた。

2nd Round
難コースに苦戦が続く上位陣。通算2アンダーパーでリューと李京勲が首位タイに並ぶ
H・W・リュー 李京勲
H・W・リュー 李京勲
連日の好天で速さを増していくグリーンと深いラフに苦しむ選手が多い中、首位と5打差の15位タイからスタートした李京勲が6バーディ・3ボギーの67をマークして通算2アンダーパーでホールアウト。首位スタートのリューが2つスコを落とし、両者が通算2アンダーパーで首位を分け合った。1打差の3位タイにC・キムと矢野がつけ、さらに1打差の通算イーブンパーに本選手権3勝目を狙う片山晋呉、小平、藤本が後を追う。

注目の松山はティーショットが不調ながらも要所を締めてこの日パープレー。通算1オーバーパーで池田勇太、宮里優作らとともに8位タイに順位を上げた。61位タイからスタートした石川は67をマークして通算2オーバーパーの14位タイ。

なお、この日カットが行われ、通算8オーバーパーの54位タイ、66名が後半に駒を進めた。スコットは、スタートの10番でバーディを決めたほか、13番でチップインイーグルを奪って波に乗るかと思われたが、14番でボギー、17番でダブルボギーを叩くなど、4つスコアを落として通算10オーバーパーで本選手権3度目の出場で初めてカットに終わった。

3rd Round
65のベストスコアを叩き出した松山が通算4アンダーパーで単独首位に。
1打差2位タイに池田と李、さらに1打差に片山と実力者が逆転が狙える好位置に
松山 英樹 池田 勇太
松山 英樹 池田 勇太
ムービングデーの第3ラウンド。大きくスコアを伸ばしたのは、首位と3打差の8位タイにつけていた松山英樹。2番でバーディを奪うと、9番からは圧巻の5連続バーディを決めて首位を奪取。16番で3パットのミスからボギーを叩いたものの、この日6バーディ・1ボギーのベストスコア65を叩き出して、通算4アンダーパーで単独首位に躍り出た。

1打差の2位タイには6バーディ・2ボギーの66をマークした池田と首位タイスタートの李。さらに1打差の通算2アンダーパーに片山が続く。小平は、通算イーブンパーの6位と好位置から逆転での連覇を狙う。

4th Round
盤石のプレーを見せた松山が通算5アンダーパーで初戴冠を果たす
優勝者とローアマチュア
優勝の松山英樹(写真右)と
ローアマチュアの比嘉一貴(写真左)
通算4アンダーパーで単独首位に立った松山と1打差2位タイの池田の最終組の争いは、ナショナルオープンらしい熱戦となった。

1番で池田がバーディを奪い松山に並ぶと、2番で松山がバーディを奪い返す、3番は松山がボギーを叩いたものの、池田がダブルボギーで首位を堅守すると、世界の強豪が集うUSツアーで実績を残し続けている松山が徐々に本領を発揮していく。圧倒的な飛距離とアイアンショットの切れ、巧みなショートゲームで後続を突き放し始める。6番バーディ、7番ボギーと足踏みをしながらも後半ピンチらしいピンチもなく、16番では10メートルほどのバーディパットをねじ込み優勝を決定づけた。松山はこの日5バーディ・4ボギーの69でホールアウトし、通算5アンダーパーで日本オープン初戴冠を果たした。

3打差の2位には李と池田、さらに1打差の通算1アンダーパーでリューが4位。小平は7番ホールのティーショットがOBとなるダブルボギーが響き、通算2オーバーパーの6位に終わった。なお、ローアマチュアは通算6オーバーパーの14位タイとなった比嘉一貴が獲得した。

 
2016年度 (第81回) 日本オープンゴルフ選手権競技 成績はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約