日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
開催コースのご紹介
今後の開催コース
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
FacebookFacebook
Venue
開催コースのご紹介
琵琶湖カントリー倶楽部(滋賀県)
http://www.biwakocc.com/

1959年に名匠・富澤誠造氏の設計により開場した琵琶湖カントリー倶楽部。栗東・三上・琵琶湖の3コースはそれぞれ趣の異なる戦略性の高い27ホールです。過去、日本オープン(1993年)、日本シニアオープン(2009年)、アジアパシフィックオープン(2011年)、日本女子オープン(2014年)が開催され、多くの名勝負が繰り広げられてきました。本年日本オープン開催にあたり、世界的なゴルファーのグレッグ・ノーマン氏の監修により、琵琶湖コースの9ホールのリニューアルを実施。富澤氏のコンセプトを尊重しながら、コースを現代の基準に更新し、プレイアビリティと戦略性を更に改善しています。大会6番(琵琶湖コース6番)ホールは、打ち下ろしで349ヤードと317ヤードにティーイングエリアを設定し、1オンを狙えるセッティングにしながら、グリーン手前に池を新設し、リスクとリワードが共存するホールとして、選手のコースマネジメントに注目が集まります。

 
COURSE LAYOUT
※下図のコースレイアウトにあるホール数をクリックすると、各ホールの詳細がご覧いただけます。
パー アンド ヤーデージ/TOTAL6,986 PAR71
HOLES 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
YARDAGE 394 221 501 411 164/178 317/349 402 641 356 3,453
PAR 4 3 4 4 3 4 4 5 4 35
HOLES 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TOTAL
YARDAGE 569 440 349 174 435 387 529 200 450 3,533 6,986
PAR 5 4 4 3 4 4 5 3 4 36 71
【ギャラリーの皆様へのお願い】
プレー中は、打球事故等にお気をつけいただき、プレーのスムーズな進行のため、
係員の指示に従い、下記の注意事項を守って楽しくご観戦ください。
カメラ・ビデオの持ち込みはご遠慮ください。
携帯電話の使用は、プレーの支障になります。場内では必ず音の鳴らないマナーモードに設定してください。
場内へのペット類の持ち込みはご遠慮ください。
ロープの張ってある区域は危険ですので、絶対に入らないでください。また、いかなる場所でも飛んできたボールには触れないでください。
場内ではカートや車輌が随時走行しております。安全運転に努めておりますが、事故防止の為、十分にご注意ください。
急斜面など足下の滑りやすい危険な場所もありますので、事故・ケガのないよう充分ご注意ください。
観戦中の事故、ケガには充分ご注意ください。(応急処置は致しますが、それ以上の補償は致しかねますので御了承ください。)なお、ご観戦の際はケガ防止のため、キャップ等の着用をお願いします。
クラブハウス内には選手及び大会関係者以外は入れません。ご飲食及びトイレはJGAギャラリープラザ他をご利用ください。
ゴミ・空き缶・タバコの吸殻は、指定の場所にお捨て下さい。喫煙は灰皿がおかれた所定の場所にてお願いします。場内の美化にご協力下さい。
入場券の半券は大会終了までお持ちください。
雷雲が接近したら、左記の雷マークを場内に掲示します。
また雷が発生した場合サイレンが鳴りますので、係員の指示に従って安全な場所に避難してください。
雷が発生した場合は、独立した木の周辺・金属製の物の近く・ゴルフカート・丘の上や高い場所・ギャラリースタンド等は危険ですので、これらからは離れて避難してください。
地震の揺れを感じたら落ち着いて行動してください
状況により避難場所へ誘導する場合がありますので、この地図を参考にし係員の指示に従ってください。
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約