2006年度(第39回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ 大会について コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー JGA HOME
特別協賛 大塚商会 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
選手の現在位置 スコア速報
選手別データ ホール別データ
とれたてレポート ショットナビのご案内
Shot Navi携帯サイト
Championship Reports
競技報告
【昨年大会は第2ラウンドでカット。今年雪辱を期す横峯さくら】
大会前 競技報告:JGA    写真:Gary Kobayashi
アマチュア時代からの宮里のライバル、横峯さくら。日本女子オープンでは、高校3年生の2003年大会でローアマチュアを獲得し、翌年はプロ入り1年目で2位タイに入賞し、プロ入り3試合で翌年のシード権を確定させるなど好成績を残している。しかし、昨年大会(戸塚CC)は、難コースに苦しめられ、第2ラウンドでカットと苦汁をなめた。本年は、その雪辱を期している。

「コースは難しいです。昨年よりはコースマネジメントも打つ場所もわかってきたのですが…グリーン周りのラフが凄く深くて、ボギーを打っても仕方がないからダブルボギーは打たないようにと気持ちを切り替えて臨みたい。ロングヒッターが有利だと思いますが、その武器を有利に出来るかは、自分次第なので、しっかりと打っていきたいです。ショットは本調子とはいえませんが、打ち込みをして調整したいです。相手は他人じゃなく、自分であったり、コースだと思っているので、自分を信じてプレーしたい。日本女子オープンは、出場選手は全員勝ちたいと思っている試合なので、自分も頑張ります」




その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約