2006年度(第39回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ 大会について コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー JGA HOME
特別協賛 大塚商会 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
選手の現在位置 スコア速報
選手別データ ホール別データ
とれたてレポート ショットナビのご案内
Shot Navi携帯サイト
Championship Reports
競技報告
【賞金女王争いのトップに立つ大山志保は2位タイ】
第1日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
 8月の1ヶ月間で上げたツアー3勝を含む今シーズン5勝で賞金女王を狙う大山志保が上がりの2ホールを連続バーディーで締めくくり、トータル2アンダーパーの70でラウンドを終えた。スタート前にトップが張の3アンダーパーで首位に立っていたのを知ってのプレーだっただけに、1打差の2位タイは好スタートといえる。
「ラウンドの途中に、今シーズン絶好調だった頃のパットのフィーリングを思い出しました。平均パット数は首位なのに、ここ数試合で忘れていたタッチが蘇ったのが、嬉しい」と試合後に語った。パットの調子が良い時は「グリーン上のラインが黄色い線になって見える」という大山にパットのタッチが戻ったのだ。
 最終
18番ホール。64ヤードの第3打をピン右3メートルにつけ、2カップほど切れるフック・ラインをカップのど真ん中に決めた。「久し振りにいいパットが打てました」と笑う大山に“黄色いパッテイング・ライン”が復活したに違いない。
 2年前の日韓対抗戦で、張選手と戦い大敗した経験がある。「パットの上手い選手というイメージがあります。でも、“このコースで3アンダーパーが出る人がいるなら、私にも出来るはず”と思ってプレーしました」と言うのだから、タッチとともに勝利への自信も蘇ったのかも知れない。


◇◇ 当サイトでは、動画配信を行っています。◇◇
各日のハイライトシーン(映像提供:NHK)や、選手インタビュー(JGA制作)を配信しています。
ビデオギャラリー》に是非お越し下さい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約