2006年度(第39回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ 大会について コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー JGA HOME
特別協賛 大塚商会 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
選手の現在位置 スコア速報
選手別データ ホール別データ
とれたてレポート ショットナビのご案内
Shot Navi携帯サイト
Championship Reports
競技報告
【宮里藍は10位タイに後退。ホールアウト後にパッティングを改造】
第2日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
 宮里藍はスタートから連続ボギー。中盤で盛り返したが、今度はショットを乱し、10位タイと後退した。「バーディーが2つしか取れなかった。今日は、よく我慢しました」前向きに振り返ったが、アイアンショットがよくなく、パットも本来の冴えがなかった。
 ホールアウト後、父・優さんとショットを調整。さらにパッティングを大改造した。
 クロスハンドに代え、好結果に結びついているが、帰国3戦目を迎え大きな変化が現れた今大会だ。パットのグリップが左手と右手が離れ、左手は左手甲が正面を向いていた。父・優さんは語る。「練習日に見てこれはいけないと思いました。左手がかぶる。左手を伸ばす、左肩が落ち、アドレスがゆが
む。短いパットが入らなくなると思った。案の定です。今日は本調子なら3つは入っているパットが、入ってなかった」
 クロスハンドの握りを小さく一つにまとめた改造はホールアウト後の長い練習で成った。
 「首位から8打差と思うと自分を見失う。ひとつでもアンダーパーを増やす。1アンダーパーを目標にパットが入ったら、4ストロークくらい伸ばせれば良いですね」パット改造の宮里の勝負の三日目に注目だ。 


◇◇ 当サイトでは、動画配信を行っています。◇◇
毎日、午前10時頃には、前日のハイライトシーン(映像提供:NHK)を、午後10時頃には当日の選手インタビュー(JGA制作)を配信してまいります。
ビデオギャラリー》に是非お越し下さい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約