2006年度(第39回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ 大会について コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー JGA HOME
特別協賛 大塚商会 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
選手の現在位置 スコア速報
選手別データ ホール別データ
とれたてレポート ショットナビのご案内
Shot Navi携帯サイト
Championship Reports
競技報告
【若林舞衣子が70で10位タイ。森田との差は2打に】
第3日 競技報告:JGA    写真:Gary Kobayashi
アマチュアの健闘が続いている日本女子オープン。森田とともに注目を集めたのは、若林舞衣子だった。前日まではショットが不安定で5オーバーパーと苦戦していたが、この日は復調。ショートアイアンが冴え、4ホールあるパー5で3バーディーを奪った。後半、13番でティーショットを右のラフに打ち込み、2、3打目もラフから抜けきれずダブルボギーを叩いたが、その後も粘りのゴルフで1バーディー・1ボギーにまとめ、通算3オーバーパーの10位タイまで順位を上げた。若林は、中学3年で日本ジュニアを制し、昨年には世界ジュニアで優勝を果たすなど、その実力は広く知られている。「今日は、パー5で3バーディーを取れたので、スコアを伸ばせました。ローアマチュア争いは気にせず、しっかりとコースマネジメントを考えてプレーするだけです」最後のローアマチュア獲得になるかもしれないチャンスにも、動じたところは見せなかった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約