2006年度(第39回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ 大会について コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー JGA HOME
特別協賛 大塚商会 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
選手の現在位置 スコア速報
選手別データ ホール別データ
とれたてレポート ショットナビのご案内
Shot Navi携帯サイト
Championship Reports
競技報告
【急遽キャディを変更した横峯さくらは、それも実らず75とスコアを崩した】
第3日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
横峯の最大の魅力は、小さな身体から放たれるとは思えないドライバーショットの飛距離。2打目を短いクラブで打てるメリットを生かせれば、スコアを伸ばせるかと思われるが、日本女子オープンに求められるのは、緻密なコースマネジメント。いかに2打目をフェアウェーから打てるか。また、グリーンを狙うためにはフェアウェーのどこにティーショットを運ぶのか。飛距離はもちろんのこと、次打を考えたショットとそこに確実に打てる技術。そして、トラブルにあっても折れない心を持った者がメジャータイトルを手に入れることが出来る。今日の横峯は、波に乗ることが出来なかった。
「9番でティーショットがコース内を横切る電線をヒット、打ち直し(無罰)したあと2打を池に入れるなど大混乱)「なにをしてもうまくいかなかった1日でした。なんかかみ合わなかったです」プロルーキーイヤーは2位タイ入賞を果たしながら、昨年はカットに終わった女子オープン。10位タイで迎えるプロとして2度目の日本女子オープン最終ラウンドで横峯の成長した姿を期待したい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約