2006年度(第39回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ 大会について コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー JGA HOME
特別協賛 大塚商会 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
選手の現在位置 スコア速報
選手別データ ホール別データ
とれたてレポート ショットナビのご案内
Shot Navi携帯サイト
Championship Reports
競技報告
【宮里とともに2位タイにつけているシン・ヒョンジュ】
第3日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
この日のヒロインはもう一人の韓国プロ、シン・ヒョンジュ。Jeong Jang(張晶、チャン・チュン)とはジュニア時代からの家族ぐるみの友人で、日本と米国という活躍の場は違っても幼馴染である。今週は2回すでに夕食を一緒にしたと言う。
そのシンのプレーはステディで、アウトを2バーディー・2ボギーのイーブンとすると、インで2バーディー。2つとも3メートル以内に寄ったショットの切れ味のおかげだった。トータル2アンダーパー70のスコアで宮里藍と並んで2位タイに浮上した。
しかし、本人は18番ホールでも2メートルのバーディー・チャンスがあったが、カップの左フチをすりぬけてパーに終わったことを悔やんだ。「あれが口惜しい! 今日のゴルフには満足ですが、最後のバーディーも取りたかった」と言うのだ。
それにしても、アマチュアもプロも韓国勢が強さを見せるのは世界のゴルフ界で常識となって久しい。この試合でも韓国勢の強さの前に日本勢が跪くのか? それとも大ギャラリーの応援を背に受けて、宮里藍が“待った!”と手を広げて立ち塞がるのか、すべてはあと18ホールの戦いにかかっている。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約