2006年度(第39回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ 大会について コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー JGA HOME
特別協賛 大塚商会 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
選手の現在位置 スコア速報
選手別データ ホール別データ
とれたてレポート ショットナビのご案内
Shot Navi携帯サイト
Championship Reports
競技報告
【若林舞衣子が通算2オーバーパーでローアマチュアを獲得】
第4日 競技報告:西澤 忠    写真:Gary Kobayashi
 プロでさえ“耐えるゴルフ”にならざるを得ない雨中のプレーでの最終ラウンドが、3バーディー・2ボギー71の1アンダーパー。通算2オーバーパー、全体でも6位に入る見事な活躍でローアマチュアに輝いたのが若林舞衣子(開志学園高校3年)。この大会は中学3年で出場した2003年大会以来二度目の出場だった。その時は第2ラウンドでカットだった。
 アマチュアの第3ラウンド進出としては、過去5回の大会で宮里藍がローアマチュアを獲得した2001年大会(室蘭GC)の6人を上回る8人が進出。最近の“ハイティーン・アマ”の強さ、レベルの高さを見せつける現象が目立った。
 最終ラウンドを迎えて、1オーバーパーの森田
理香子(京都学園高校2年)を2打差で追いかける展開となった若林は3番、7番ホールをバーディーとした時点ですでに、全体のランクで6位タイにつける快進撃、最終グリーンでも宮里・張の優勝争いを待ち受ける1万人を越す大ギャラリーの前で、3メートルのフックラインのバーディーパットを決め、万雷の拍手を受けるシーンも。  
小学6年の頃から指導を受けている佐久間健一コーチと今週は二人三脚で行動。「特に 3メートルくらいのフックやスライスラインを一生懸命に練習したおかげです」と顔を輝かす。通算2オーバーパーは日本女子オープンが72ホール・ストロークプレーとなってからアマチュア最少スコア。中学3年で関東女子アマ、高校2年の昨年に世界ジュニアを制した実力を、いかんなく発揮した。
 最近はプロトーナメントにも積極的に参加、今シーズンのスタンレーレディス6位やサントリー・オープン8位の実績もある。「来年のプロテストを受験して、宮里藍さんのようなプロになりたい。“巧いプロ”より“強いプロ”を目指します」というのだから、末恐ろしい18歳であろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約