2006年度(第39回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ 大会について コース紹介 ヒストリー オープンへの道のり ギャラリー JGA HOME
特別協賛 大塚商会 S-YARD Hisamitsu
Championship [ 競技情報 ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
日本女子オープン ハイライトムービー配信中
NHKで全国生中継予定
Shot Navi
選手の現在位置 スコア速報
選手別データ ホール別データ
とれたてレポート ショットナビのご案内
Shot Navi携帯サイト
Championship Reports
競技報告
【宮里の連覇は成らず。6打差の3位】
第4日 競技報告:武藤一彦    写真:Gary Kobayashi
 「雨の降る中で、自分のゴルフはできたと思う。パットの差が出た。グリーンの読み、スピード感覚。JJが上でした」宮里は、サバサバとしていた。飛距離、パッティング、体格…同じ米ツアーで戦う”先輩”との比較を冷静にしながら、「収穫はあった」と言った。
 「気持ちの強さとか、今後の経験とか、収穫があった。JJは日本でプレーしていない不利を克服した。ハングリー精神というかパワフルというか、その差を感じました」
 今大会前、1日1アンダーパーで通算4アンダーパーと優勝スコアを設定していた。結果は3アンダーパー。1ストローク、目標に届かず。さらに相手は9アンダーパーまでスコアを伸ばしていた。世界の強さ、
深さ、レベルの高さを再認識し、気持ちを引き締めた。
 期待された宮里の2連覇成らず。昨年秋のエリエール女子オープン以来連続した、国内4連勝の記録も途絶えた。しかし、大きな目標の前に記録には、こだわっていない。
 米ツアーのために、今後日本とアメリカの間を2往復する予定だったが、米女子ツアーのツアーチャンピオンシップに相当する「サムソンワールド選手権」の出場権が取れず、日本滞在が長くなった。日本には10月いっぱい滞在し、ミズノクラシックなど3戦か4戦に出場を予定している。「優勝争いをどんどんしたい。先を見すえれば、いい経験になります」疲れも見せないタフさは相変わらず、頼もしい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約