2013年度(第46回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【-2で宮里美香ら4人が首位並ぶ】
第1日 競技報告:JGA    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
宮里美香
井芹美保子
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー2013年度(第46回)日本女子オープンゴルフ選手権は3日、神奈川県の相模原ゴルフクラブ・東コースで第1ラウンドを行った。

昨日までの雨も上がり、秋晴れの中で開幕した本選手権は、日本女子オープン特有の厳しいコースセッティングにアンダーパーグループが6人と大混戦の1日となった。

その中で、2アンダーパーで首位タイに並んだのは、宮里美香、佐伯三貴、テレサ・ルー、井芹美保子の4人。1打差で5位タイに不動裕理と大江香織の2人がつけている。日本女子アマチャンピオンの森田遥、同3位の野澤真央は、1オーバーパーで横峯さくららとともに11位タイと健闘を見せ
佐伯三貴
た。現在賞金ランキング首位の森田理香子は、2オーバーパーの25位タイ。

2005年大会以来の日本女子オープン2勝目に期待がかかっている宮里藍は、3番ホールで4パットのトリプルボギーを叩くなどパッティングに精彩を欠き、3バーディ・4ボギー・1トリプルボギーの4オーバーパーでホールアウト。56位タイと大きく出遅れた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約