2013年度(第46回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【宮里藍は4番の4パットで56位タイと出遅れ】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
えっ、これって結局いくつになるの?
取り囲んだギャラリーを呆然とさせたのは3番(パー5)での宮里藍だった。ティーショットを右ラフに打ち込んだのが、ことの始まりだった。6番アイアンの第2打は左ラフへ。深い芝生に邪魔をされてピンまで175ヤードをユーティリティーで狙った3打目もグリーンに届かず、4打目もラフから5メートルに乗せただけだった。ここまでが、このホールでの第一幕だった。

そして、グリーン上に第二幕が待っていた。ファーストパットはホールの横を通過して1メートルほどオーバーしたところで止まった。セカンドパットもまたカップを通過して40センチほどオーバーし、その40センチを「お先に」ス
タイルで打ってカップの縁に跳ねられた。4オンで、なんと4パットの「8」。前ホールのボギーと合わせて、わずか2ホールで4オーバーパーと乱れた。
「集中力が散漫になってしまって…。なんだかボーっとしながらパッティングしてしまいました」。

前週のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの最終ラウンド、単独トップに立って迎えた終盤でカラー部分から4パットして優勝を逸したが、この日の3番ホールはデジャヴであったようなできごとだった。
「次のホールに向かうときミック(キャディー)に“まだ69ホールもあるから、ひとつずつ取り返していこう”と言われて、気持ちの切り替えができました」。

それが5、7番のバーディにつながったのだが、後半、また集中力が消えてしまったという。
「アメリカでも難しいコースでプレーするとき、集中力が散漫になるのを何回か経験したことがあります。パッティングのストロークテンポが、ちょっと速いな…という自覚もあったのですが、修正し切れませんでした」。

救いは、まだ第1ラウンドだったこと。「この後、練習グリーンで自分のテンポを取り戻して明日からのプレーに備えます。まだ挽回できると思います」。

新しいパターのフィーリングが、まだ自分のものになっていないという面もありそうだが、宮里は、ミスをクラブのせいにはしなかった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約