2013年度(第46回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【横峯さくらは後半盛り返して3位タイ】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
「前半はもったいないボギーがありましたけど、後半は挽回できたのでトータルでは頑張れたと思います」。
この日イーブンパー、通算1オーバーパーで3位タイに浮上した横峯さくらは、そう第2ラウンドのプレーを振り返った。「もったいない」といったのは、5番ホールのこと。ドライバーショットでしっかりフェアウェイをとらえながら、9番アイアンを使った第2打をショートさせてしまった。7番もボギーにして、前半の9ホールは2オーバーパーと一歩後退して後半にターンすることになった。

ここからはショットを立て直し、13番からの6ホールで3バーディ(1ボギー)を奪って前半のオーバーパー分を取り戻してのホールアウトと
ホールアウト風景
なった。

日本女子オープンでの横峯には口惜しい思い出がある。2009年の我孫子ゴルフ倶楽部での大会だ。最終ラウンドに65のベストスコアを出してトップに立って迎えた最終18番ホールで3メートルほどのパットを外したことで宋ボベと通算11アンダーパーで並び、プレーオフで敗れての2位に終わったのが、それである。

「この大会には、何か置き忘れてきてしまったものがある。あれ以来、日本女子オープンを迎える度に、そんな思いにかられます。もちろん、今年もそうです」。

だから、第2ラウンドは「正直なところ、アンダーパーで回りたいと思っていました」。その願いは、前半の2ボギーで叶わなかったが、3位タイは「悪い位置というより、かなりいい位置にいると思えます。週末の2日間で、終わったらトップだった、という結果になるようにモチベーションを高めていきます」。

持ち前の爆発力は、まだ温存されている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約