2013年度(第46回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【通算-3で首位を堅守した宮里美香が2度目の優勝に王手をかける】
第3日 競技報告:JGA    写真:G.Kobayashi
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー2013年度(第46回)日本女子オープンゴルフ選手権は4日、神奈川県の相模原ゴルフクラブ・東コースで第3ラウンドを行った。終日雨模様となったこの日、第3ラウンド進出の64名の選手でアンダーパーをマークした選手は一人も出ない厳しい1日となった。その中で、通算4アンダーパーの単独首位でスタートした宮里美香は、11番のバーディで独走態勢に入ったかと思われたが、15、16番で連続ボギーを叩き、この日73で1つスコアを落とし通算3アンダーパーとなったものの、首位を堅守し、2010年大会以来2度目の優勝に王手をかけた。5打差の2位には、この日ベストスコアの72をマークした菊地絵理香がつけ、さらに1打差の3位タイで日本女子プロゴルフ選手権優勝のイ ボミ、藤本麻子、申ジエ、姜秀衍が後を追う。第3ラウンドを2位でスタートした大山志保は、1バーディ・6ボギーの76で通算4オーバーパーの7位タイに後退。アマチュアながら優勝争いの一角に食い込んできた松原由美も14番でダブルボギーを叩くなど6つスコアを落として通算7オーバーパーの16位タイに順位を落とし、JGAナショナルチームでともに国際競技で戦ってきた堀琴音に1打差となりローアマチュア争いは、混戦模様となった。宮里藍は、この日もスコアを落とし、通算14オーバーパーの49位タイで第3ラウンドを終えた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約