2013年度(第46回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【宮里美香は5ストローク差の首位も「あってないようなもの」】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
2位の菊池絵理香とは5打差で、明日の最終ラウンドを迎える宮里美香。その5ストロークの差は「メジャー(大会の場合)では、あってないようなもの」と言った。一見、独走態勢と思えるが、首位を走る選手には、悩ましい距離感である。気持ちの緩みが、一度でもショットに表れたら、ボギーどこ ろかダブルボギーになる。それは、負のスパイラルになりかねない。むしろ1打1打の僅差で竸っている方が、緊張感がうまく働いて、ほどよい勝負の 弦の張りになる。それでもメジャーとなると、どんな状況で首位に立っていても最終ラウンド最終ホールの最後のパッティングを入れ終えるまでは、解らない。
事実、宮里は今年から女子のメジャー大会と
なった、フランスのエビアンマスターズで第3ラウンドを終えて首位だったが、最終ラウンドに78を叩いて19位となった苦い経験がある。

宮里美香は、第3ラウンドを、こう振り返った。
「凄くドタバタな1日でした。ティーショットが不安定で、ラフに入る回数が多かったんです。ラッキーなことに、打てるラフが多かったのが救いでしたけど…。ともかく(このコースの攻め方は)手前から手前からというのが原則なので、今日は、その気持が強すぎたのか、アプローチが良くなかったかなぁ。もちろん、いいパーセーブもありましたけど…」。
宮里の上手さのひとつは、ショートゲームの距離感と判断力だ。感覚的にスッーと、弾道のイメージが湧いてくる。上げる、転がす、止める、低い球…。それが「転がす、上げるという判断がちゃんとできていないで打ってしまった」という逡巡があったという。
攻めきれない理由もある。雨ということもあり、ホールロケーションは傾斜面に切られているケースが多い。だから、寸分の距離感、打ち方のミスで大怪我をするという背中合わせもある。

1番でボギー。これはティーショットが左ラフ。6番でボギー。これはティーショッ
トが右のラフ。そして、15、16番のボギーも同様に右、左ラフに入れた第1打からの影響だった。「反省点は、15、16番のボギーです。このセッティングですからボギーを叩くのは仕方ないけれど、でも、イージーボギーはダメですね。この2ホールは、しっかりとパーセーブできる(はずの)状況だったので、悔いが残ります」。

「やっぱりパッティングが凄く上手になりましたね」というのは、同じ組で戦った大山志保だった。2008年に宮里と一緒に米女子ツアーの最終予選会に挑んで4位で突破して翌年米女子ツアーで戦ったことがある。そのときに、よく宮里とは一緒にプレーしている。
今日も4~6メートルの距離をうまく沈めてのバーディだ。大山は「どこからでも入りそうな転がりとラインの読み」だといった。そして宮里は 「(パッティングの)距離感は、いいと思います」と言っている。カップの周辺で微妙に切れるラインまで読みきっているのが、宮里の生きたボールの 転がりなのだろう。
もうひとつ「あのころはドローボールが主体でしたけど、いまはフェードもしっかりと打ち分けられていますね。そこが大きな違いだと思います」と大山が言った。でも今日は、そのフェードを意識しすぎて「少しプッシュすることが多かった」と宮里は反省する。

凄くドタバタなプレー内容と表現した第3ラウンド。
「自分自身の戦いだと思います。(今日のドタバタゴルフも)自分の中でどこまで変えられるかですね」と明日、最終ラウンドの気持ちを、きっぱりと 言った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約