2013年度(第46回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【菊地絵理香が第3ラウンドのベストスコアで単独2位に浮上】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
雨の第3ラウンド。菊地絵理香は、目標スコアを「パープレーの72」と設定していた。そのための戦略は、ちょっと意外なものだった。難コースでの確実なスコアメイクというなら、まずフェアウェイをとらえること。そして、グリーンのセンター狙いに徹すること。これが相場なのだが、菊地は、そうは考えなかった。もちろんフェアウェイヒットは、戦略から外せない。そこからの狙いに2日間の経験からくる開き直りに似た決断があった。

「このコースのグリーンは難しい。ホールロケーションも厳しく、グリーンセンター狙いでは、そこから3パットする危険性がある。だったら、ピンを狙っていく方が、出入りの激しいゴルフになるかもしれない
けど、バーディチャンスを作れるだろうし、アプローチを寄せてパーセーブの可能性も残せる。もし寄せ切れなくても、パーオンしながら3パットでボギーにするより精神的なダメージは残らない。私は、そう考えました」。
2番(パー3)でピンの左サイド、広いエリアに乗せた。狙ったところとは違っていたが、結果的には安全な位置だった。ところが、ここから3パットしてのボギーに「やっぱりな…と思いました。そして自分に改めて言い聞かせました。“もっとしっかりピンを狙え!”って」。

5番でピン右3メートル、8番パー5ホールでは130ヤードの第3打を8番アイアンで2メートルにつけた。さらに9番では手前エッジにショートしたものの、ここからチップインのおまけまでついてアウトを2アンダーパーでクリアした。後半はスコアを2つ落としたが、この日、結局奪ったバーディが4ホールでボギーにしたのも4ホールで目標のパープレーでのホールアウトとなった。

実は、この72が、第3ラウンドのベストスコアだったのだから菊地の戦略は、正しかったのだろう。順位も上がって宮里美香に5打差ながら単独2位に上昇した。
「最終ラウンドですか? 直接対決になるのでしょうが、追いつくことより2位狙いでしょうか。いや、そんなことをいうと守りのゴルフになりそうだから、またピン狙いでいきたいですね」。
大爆発を期待できるかもしれない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約