2013年度(第46回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【佐伯三貴はドライビングレンジでプレーオフに備えていたものの2位タイ】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
最終組の3組前、宮里美香を7打差で追ってスタートした佐伯三貴が、気合の入ったゴルフで追い上げた。7番までに3バーディを奪って、この時点で3ボギーと後退してきた宮里と1打差にまで詰め寄っていた。後半も2バーディ・1ボギーとスコアを伸ばして、通算1オーバーパーで先にホールアウトした。

佐伯は、そのままパッティンググリーンへと足を運んだ。プレーオフも考えられる展開だった。それに備えての調整が必要だった。
パッティングから次にはドライビングレンジへ。そして、宮里の最終ホールのウィニングパットの知らせをそこで受けることになり、クラブハウスへと引き上げてきた。

「練習場までいって、きっちり準
備したのにねえ…。ドライバーショットまでやっておいたのにねえ…。こんなに待たされてねぇ…。でも、いやな予感があった。最後の美香ちゃんのパット、あれは決まるような気がした。根拠はなかったけれど、それが、この大会に最もふさわしい結末かな…なんて思って」。
結局1打差の2位タイとなり、最終ラウンドの自分のプレーを改めて振り返った。
「久々に緊張の中でプレーしました。1打の重みをひしひしと感じながら、シビレながら、それでも勇気を振り絞って、というショット、パットを積み重ねました。もったいないボギーもありましたけど、いい感じでプレーできました。ちょっと、自分の今のゴルフに自信を持てました。これからの戦いが楽しみです」。
肩すかしを食わされた格好になった佐伯だが、結果は素直に受け入れていた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約