2013年度(第46回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【一時は単独トップに立った菊地絵理香は終盤の連続ボギーで2位タイに終わる】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
最終組での宮里美香との直接対決。菊地絵理香はスタートの4打差で考えていた。「逆転なんて意識しないで、パープレーに戻すことに集中しよう」と…。3日まで通算2オーバーパーだったから、最終ラウンドの目標スコアは70だった。
そんな菊地の思いとは裏腹に、トーナメントリーダーの宮里美香が、リズムを崩し、ボギーを連発して「向こうから近づいてきた」(菊地)。
アウトの9ホールを終えたところで、スタートの4打差は2打差に。さらに14番では菊地のバーディに対して宮里はボギーにして、ついに両者はトップタイに。さらにさらに、続く15番でまた宮里がグリーン右手前のラフからのアプローチショットを大きくショートさせて
ボギーを叩く。パーオンしていた菊地は手堅く2パットにまとめるパーで、この時点でついに逆転しての単独トップに立ってしまった。
実は、この思いもかけなかった展開に、一番驚き、それを境に自分のペースを失っていったのが菊地だった。「単独トップといっても1打差ですから、守りのゴルフはするまいと思いました」。それが、16、17番でのファーストパットを大きくオーバーさせての連続3パットを招くことにつながる。本人は「ショートさせるのだけはイヤだったから、オーバーさせたのは仕方がない」と懸命に自らに言い聞かせていたが、実際は、ストロークが小さくなり、インパクトでいわゆるパンチが入ってしまう現象だった。緊張から手の微妙な感覚が削がれていった結果である。

連続3パットによって、単独トップから宮里に再逆転され、先に通算1オーバーパーでホールアウトしていた佐伯三貴にも1打のリードを許した格好で迎えた最終18番(パー5)ホール。第3打をピン左1メートルにつけた。宮里は奥のカラー近くまでオーバーさせていた。宮里がパーに終わり、菊地がバーディパットを決めれば…3選手によるプレーオフになるところだったが、最後の最後で宮里がクラッチパットを決めた。この瞬間に優勝は決まってしまった。
「仕方ないか。あとは、自分のパットを決めて、締めくくろう」。
一瞬のうちに気持ちを切り替えて、2位タイとなるバーディパットを沈めた。そのとき宮里は、涙をぬぐっていた。菊地が涙を見せたのは、クラブハウスに戻り、インタビューに答えてからだった。仲のよい吉田弓美子に「よく頑張った!」と声を掛けられたときである。菊地はこらえきれずに吉田の肩に顔を埋めて泣きじゃくった。こらえてきたものが、こみあげてきたのだろう。そして、しばらくして「やっぱり、口惜しいし、自分が情けない」と、本音をもらした。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約